トップarrow 映画大についてarrow 情報の公開arrow教育の方針と課程

教育の方針と課程

教育・研究上の目的と3つのポリシー

使命・目的及び教育目的

日本映画大学(以下「本学」という。)は、教育基本法及び学校教育法に基づき、「人間重視」の考え方を常に基本とし、高度化する知識・技術への対応及び問題解決能力を有し、実学と現場と連携できる幅広い映画制作能力を持った専門職業人並びに研究者を養成することを目的とする。

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

 日本映画大学は以下のような学生を求めています。
1) 美醜や善悪および人間の欲望全般に強い関心を持っている。
2) 映画や小説をはじめ芸術・芸能が好きである。
3) 他人と協力することができる。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

 日本映画大学は、以下の科目構成によって、映画制作の技術を実践的に体得し、映像文化の歴史を理論的に理解し、社会に貢献する教養と人格を身に付けた学生を育成します。
1) 教養科目……映画にとどまらず広く社会一般を洞察する力を養う。(4年間通年)
2) 基礎科目……演習を通して映画制作の基礎的な知識と技術を学ぶ。同時に、映像文化の歴史を知り、映像を読み解くための基礎的な学力を身に付ける。(2年次前期まで)
3) 専門基礎科目……各コース(脚本演出、撮影照明、録音、編集、ドキュメンタリー、映画・映像文化、身体表現・俳優)の基礎を学び、適性や進路にふさわしいコースを選ぶ。(2年次前期)
4) 専門科目……各コースに分かれて専門性を究める。(2年次後期より)
5) 4年間の学びの集大成として、卒業制作、卒業シナリオ、卒業論文のいずれかに取り組む。社会との関わりを持つため、成果の公表まで学生の手で行う。(4年次)

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

 日本映画大学は、以下の要件を満たした学生に、映画学士の学位を授与します。
1) 映画制作の技術の実践的な体得。
2) 映像文化の歴史の理論的な理解。
3) 社会に貢献するための教養と人格。
4) 他者とともに問題解決に臨む姿勢。
5) 所定の卒業必要単位の修得。

授業内容と年間計画

日本映画大学では、個別の授業や講義についての要旨をまとめたシラバスをWeb公開しています。授業科目や年間計画などはそちらに掲載しておりますので、ご覧ください。

資格取得課程

日本映画大学では、映画学部映画学科理論コースに進んだ学生を対象に、博物館学芸員資格、社会教育主事任用資格を取得するための課程を設けています。

評価と認定

 合格(単位認定)不合格
評点100~9089~8079~7069~60認定59以下
評価SABCNF
成績通知書表示SABCNF
成績証明書表示SABCN表示無
Grade Point4.03.02.01.00

GPA制度

学生が自分の成績状況を的確に把握して、主体的な履修計画や学習計画をたてられるよう、GPA制度を導入しています。GPA(成績平均値)とは、成績評価を数値に換算した平均値です。各授業科目の成績評価それぞれに対して、上記の表のようにGrade Pointが定められており、これを用いて以下の計算式でGPAを算出します。

GPA

卒業必要単位

大学を卒業するためには、修業年限※を満たし、定められている科目を履修し、124単位以上を修得しなければなりません。

卒業要件

授与学位
学部学科学位
映画学部映画学科学士(映画学)  英文名 : Bachelor of Film Studies

real