トップarrow 入試情報arrow入学試験対策ページ

入学試験対策ページ

AO入学試験

AO入学試験 身体表現

「身体表現体験講座」(採点対象ではありませんが参加は義務です)
講師の指示に従ってグループでウォーミングアップを行い、課題に挑戦します。体育や部活や文化祭、あるいは身体表現の授業を受けたことのある人は、その経験を思い出して、照れずに堂々と表現しましょう。なお、動きやすい服装の着替えを用意してきてください。

「面接」
形   式:個人/20分/面接員2名
アドバイス: これまでに演劇、ダンスなどパフォーマンスの体験があれば、それについて話せるように準備しておきましょう。また、自分が得意とする分野があれば、それをアピールするのも良いでしょう。映画制作という共同作業における俳優の役割などについても考えてみましょう。

AO入学試験 映像表現

「映像作品」(出願時提出)
形   式:未発表の映像(1~3分)をDVDメディアあるいはUSBメモリーに収めて提出。共同で制作した場合は他の参加者の役割を記すこと。
アドバイス:与えられたタイトルで自分が表現できることについて、じっくり考えてみましょう。学校生活や文化祭などの行事で培った人間関係、あるいは人間に対する自分なりの洞察を元に、身近にある物や風景、友人や家族などに協力を求めながら制作すると良いでしょう。作品のジャンルは問いません。

「面接」
形   式:個人/20分/面接員2名
アドバイス: これまでに映画・映像制作の経験がある人は、それにどのように取り組んだか、そして今後どのような作品を作りたいかを話せるようにしておきましょう。また、自分が映画に惹かれているのはどのような点なのか、自分の言葉で説明できるようにしておきましょう。

AO入学試験 創作表現

「創作物」(出願時提出)
形   式:映像作品(DVDメディアまたはUSBメモリーに収めて提出)、ショートストーリー、ショートシナリオ、またはマンガ(A4用紙に印刷して提出。ただしパソコンから印刷できない人は各自が用意した原稿用紙等も可)。既に発表したことのある作品も可。共同で制作した場合は参加者の役割を記すこと。
アドバイス:高校の文化祭やクラブ活動の一環として制作した作品と、新たに個人チャレンジした作品のどちらも提出できます。

「面接」
形   式:個人/20分/面接員2名
アドバイス:提出作品の制作にどのように取り組んだか、そして今後どのような作品を作りたいかを話せるようにしておきましょう。また、自分が映画に惹かれているのはどのような点なのか、自分の言葉で説明できることは大切です。

AO入学試験 リベロ①~⑥

「面接」
形   式:課題の映画についての面接。個人/20分/面接員2名
アドバイス:面接では、きちんと課題映画を観ているか、その上で、自分なりの視点があるか、他人と向き合って対話することができるかなどが評価のポイントになります。課題映画について5分程度話せるようにしておくこと。普段から問題意識を持って映画を観ること、それを誰かと話す訓練をすることが大切です。課題映画を観るだけではなく、同じ監督の別の作品、あるいは別の監督の似た作品などを観て、比較しながら話す工夫をしてみるのもよいかもしれません。

推薦入学試験

「小論文」(出願時提出)
形   式:課題にそって小論文を書いて提出。
アドバイス:小論文では、原稿用紙の使い方をはじめ、書き方のルールを守って書くことが重要です。また、作品のあらすじを書く必要はありません。扱う映画は少なくとも2回見ることが必要です。書き上げた文章を何度も読み返し、きちんと設問に答えているかを確認しましょう。書いた小論文は他の人に読んでもらい、伝えたいことが正確に伝わっているかを確認し、必要に応じて書き直しをすると自分の主張が明確になります。国語や社会などもしっかり学習し、知識や認識の幅を広げておくことも大切です。

「面接」
形   式:個人/20分/面接員2名
アドバイス:高校生活のなかで、勉学や部活動など、自分が積極的に取り組んだことを説明できるようにしておきましょう。また、映画や映像文化のどのような側面に興味があるのか、職業としての魅力がどこにあるのか、なども考えてみましょう。

一般入学試験

一般入学試験 A日程

「コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ」(筆記試験のみ)
時間:60分/配点:100点
形   式:長文読解(2題)と文法問題(1題)。
アドバイス:語彙、文法、長文読解などの力を総合的に評価します。文章は広く文化に関するテーマが選ばれるのが例年の傾向です。社会の動きに関心を持っておくと、内容が理解しやすくなるでしょう。
 
「国語総合」(古文・漢文を除く)
時間:60分/配点:100点
形   式:大問2題にそれぞれ設問が5~8題程度。
アドバイス:単語力、語彙力、読解力、論理的な思考力などを総合的に評価します。問題文は、広い意味での芸術や政治に関する論文・エッセイが中心となる傾向がありますが、年によっては小説が選ばれることもあります。普段から広く多くの本を読むことで、現代文の読解力を磨いておきましょう。

一般入学試験 B日程

「小論文」
時間:60分(上映時間は含まない)/800字/配点:100点
形   式:問題用紙を配付後に課題の映画を上映。上映終了後に記述試験。
アドバイス:問題用紙には作品についての情報(スタッフやキャストなど)も記載されています。用紙全体をよく読んだ上で、メモを取りながら注意深く鑑賞してください。小論文では、原稿用紙の使い方をはじめ、書き方のルールを守って書くことが重要です。作品のあらすじを書く必要はありません。書き上げた文章を何度も読み返し、きちんと設問に答えているかを確認しましょう。普段から問題意識を持って映画を観ること、国語や社会などをしっかり学習し、知識や認識の幅を広げておくことが大切です。試験では辞書を使用できます。(ただし、電子辞書や携帯電話等のアプリケーションは不可)

 「面接」
形   式:個人/20分/面接員2名
アドバイス:高校生活のなかで、勉学や部活動など、自分が積極的に取り組んだことを説明できるようにしておきましょう。また、自分がどうして映画の道に進みたいのか、映画や映像文化のどのような側面に興味があるのか、職業としての魅力がどこにあるのか、なども考えてみましょう。

一般入学試験 C日程(1期・2期)

「口述試験」
時間:20分(上映時間は含まない)/配点:100点
形   式:問題用紙を配付後に課題の映画を上映。上映終了後に口述試験。
アドバイス:問題用紙には作品についての情報(スタッフやキャストなど)も記載されています。用紙全体をよく読んだ上で、メモを取りながら注意深く鑑賞してください。面接では、きちんと設問に答えているか、その上で、自分なりの視点があるか、他人と向き合って対話することができるかなどが評価のポイントになります。特に上手に話せる必要はありませんが、思ったことをただ話すのではなく、何を、どんな順序で話すかなどは意識してみてください。普段から問題意識を持って映画を観ること、それを誰かと話す訓練をすること、また、国語や社会などをしっかり学習し、知識や認識の幅を広げておくこと、あるいは、プレゼンテーションやディスカッションの授業に積極的に参加しておくことが大切です。

外国人留学生入学試験 (1期・2期・3期)

「日本語」(筆記試験のみ)
時間:60分/配点:100点
形   式:長文読解(1題)
アドバイス:文章を読む力と書く力を評価します。特に、現代の日本語を読む上で大変重要なのはカタカナ語です。よく使われるカタカナ語の意味がわかるように勉強しておきましょう。また、自分の意見を文章にして書く練習も必要です。問題文は広く文化に関するテーマが選ばれるのが例年の傾向です。社会の動きに関心を持っておくと、内容が理解しやすくなるでしょう。

「面接」
形   式:個人/20分/面接員2名
アドバイス:自分の好きな映画について話すことができるように練習しておきましょう。監督の名前、映画のタイトル、なぜその映画が好きなのか、などです。また、映画関係の仕事では、どんな職業に興味があるか、なども考えておきましょう。日本語を「聞く」「話す」「読む」「書く」の中で自信があるものと無いものについて、自分で言えることが重要です。