トップarrow 入試情報arrow 日本映画大学への入学arrow入学準備プログラム

入学準備プログラムについて

日本映画大学では、来春から始まる4年間の大学生活をいっそう楽しく充実したものにするために、次のような入学準備プログラムを用意しています。学士号を取得するためには、映画制作に関わる技術を学ぶことと同時に、教養科目等の授業を通して、物事を考える力や文章を書く力を磨くことが必要です。入学が決まった皆さんは、一足先にその準備を始められてはいかがでしょうか。

映画鑑賞ノート

冊子「カチンコ」(新入生のためのスタディガイド)を読み、冒頭の「名画座46選」に掲載された映画作品を、興味のあるものから順に鑑賞していきます。付録の「映画鑑賞メモ」を参考にして、自分だけの映画鑑賞ノートを作りましょう。「観たら書く」習慣をつけると、大学で課されるレポート提出が楽しくなります。新百合ヶ丘キャンパスにて開催している「高校生のための映画上映会」では、映画について語り合えます。
※「高校生のための映画上映会」は不定期開催となります。開催日程は随時リンク先のスケジュールをご確認ください。

映像で表現する:実技講座

現役の映画監督の指導のもとに、グループでの映像制作にチャレンジします。授業の雰囲気を味わい、重要なポイントも先取りできるチャンスです。

【詳細】
・日 時: 12月9日(土)11:00~16:00
・場 所: 日本映画大学 白山キャンパス
・持ち物: 昼食(近くで購入することも可)
      USB、SDカード、USB接続コード(課題の提出方法による)

【申込方法】
参加される新入学生は11月30日(木)までに入試事務室(info@eiga.ac.jp)まで以下の事項を明記の上、必ずご連絡ください。
①氏名
②携帯電話の番号(緊急連絡として使用)

実技課題

入学前準備教育DVD講座

大学1年生が最初に直面するハードルは、レポート(小論文)の提出による成績評価です。高校までのように選択式の試験問題による評価はほとんどありません。それに加えて、本学の授業では、企画書を書いたり、脚本を書いたり、文章を書く能力が大変重要になります。ここで紹介する「国語標準(要約編)DVD講座」は、大学で必要な国語力を固めるのに役立つ内容で、一講ごとに自分の伸びが見えるような構成になっています。
*事前に送付している講座案内を読み、希望される方は直接申込みをしてください。