4月29日(土・祝)アクセス・デイ【要予約】

4月29日(土)

12:30~15:00

白山キャンパス

参加は高校生限定!

日本映画大学で行われている授業に参加することができる1日。
「どんな授業があるんだろう?」「どんな先生や学生がいるんだろう?」と思ったあなた!
アクセス・デイで1日映画大生体験をしてみませんか?

タイムスケジュール

12:00~12:30  受付
12:30~13:00  ガイダンス
13:00~14:30  授業 ※
14:30~15:00  振り返り

■ ガイダンス
 授業を受ける際のポイントを説明!
 どの授業を受けるのか、ここで決めます。
 ※当日受講できるのは一科目となります。興味に合わせて選択してください。


■ 授業
 日本映画大学で実際に行われている授業を体験!


◆大友りお 先生「英米文学」
米国の作家レイモンド・カーヴァーの短編小説は村上春樹の翻訳により日本でも広く読まれている。
本講では短編集『大聖堂』(Cathedral、1983)に含まれる12編を読み、そこに描かれる「普通の人の日常」について考え、現代日本社会に生きる自分の日常を見つめ直す。

 
◆田辺秋守 先生「情況論〈日本映画の場所〉
現在の日本映画が日本の情況をいかに描いているかを、いくつかのキーワードによって分析する。
その際、分析の枠組みとして「現代思想」のいくつかの概念を援用する。
授業を通して、現代日本人に必要な倫理的判断や政治的公正さが何であるかを理解してもらいたい。


◆関川夏央 先生「文学Ⅰ」
近代文学の、おもに短編を、または中長編の部分を、「常識」にのっとって読む。
その過程で日本近代史の流れを追い、「常識的」歴史観を形成する。
読解を通じて、日本人の外国文化との接触のあり方を学び、日本近・現代史像を把握する。

振り返り
 
コーディネーターの先生と参加者全員で、授業を受けてみて感じたこと・考えたこと・新しく発見したことなどを一緒に話し合いましょう。

アクセス・デイ

>> 授業

アクセス・デイ11

>> 振り返り

参加申込み

【対 象】高校1年生~高校3年生(既卒生・外国人留学生も可)
【定 員】30名 ※申込者多数の場合は、先着順といたします。
 要予約/下記フォームからお申込みください。

アクセス・デイ申込み

モバイル(ガラケー)ユーザーの方
 申込を受け付けられないキャリアがありますので、その場合はお電話ください。

お 願 い
 自動返信メールなどの連絡は、info@eiga.ac.jpから配信されます。
 お申し込みの前に、
 メール受信拒否設定をされている方は、eiga.ac.jpのドメインを受信できるように設定しておいてください。
【アクセス】
 日本映画大学 白山キャンパス
 小田急線「新百合ヶ丘」駅 下車
 南口バスターミナルより
 3番バスのりばから[新10]「新ゆりグリーンタウン」行きバス5分[日本映画大学]下車
 6番バスのりばから[新15]「大谷」行きバス5分[日本映画大学]下車
 ※所要時間は、道路状況により延着する場合がありますのでご注意ください。
 詳しくはこちらから
< お問合せ先 >  
 日本映画大学 入試事務室  
 TEL:044-951-2511
 Eメール:info@eiga.ac.jp

real