トップarrowニュース一覧arrow本学4年生三澤拓哉君が『3泊4日、5時の鐘』を初監督、シンガポール国際映画祭・マラケシュ国際映画祭に正式参加

2014.11.19

本学4年生三澤拓哉君が『3泊4日、5時の鐘』を初監督、シンガポール国際映画祭・マラケシュ国際映画祭に正式参加

日本映画大学1期生三澤拓哉君(4年生)が、脚本・監督した映画「3泊4日、5時の鐘」(英題:CHIGASAKI STORY)が、12月開催の第25回シンガポール国際映画祭、第14回マラケシュ国際映画祭の正式参加作品に選ばれました。
シンガポール国際映画祭はAsianVision部門正式上映、マラケシュ国際映画祭はコンペ部門正式出品。

この作品は今年7月に本学学生7名も参加し、小津安二郎監督が定宿にした実在する湘南の旅館「茅ケ崎館」を舞台に撮影されたもの。
日本公開は、来春の予定。


『第25回シンガポール国際映画祭』(12/4~14開催)http://sgiff.com/

『第14回マラケシュ国際映画祭』(12/5~13開催)http://www.festivalmarrakech.info/

3泊4日、5時の鐘2

3泊4日、5時の鐘3