トップarrowニュース一覧arrow「川崎・しんゆり芸術祭2017 アルテリッカしんゆり」で特別上映会「日本映画大学シネマ列伝」を開催

2017.4.1

「川崎・しんゆり芸術祭2017 アルテリッカしんゆり」で特別上映会「日本映画大学シネマ列伝」を開催

4月22日(土)~5月14日(日)に開催される川崎市新百合ヶ丘の春の恒例イベント「川崎・しんゆり芸術祭2017 アルテリッカしんゆり」内で、「日本映画大学シネマ列伝vol.4」が開催される。
これは、日本映画大学の教員の代表作を紹介する特別上映で、今回は弦巻裕教授、さのてつろう教授、熊澤誓人准教授の代表作計8作品を上映する。
また、22日(土)には日韓学生共同制作短編映画「腰抜け」の特別上映とトークイベントを実施。23日(日)には、同大の教員が指導にあたった「しんゆり映画祭ジュニア映画制作ワークショップ」作品も上映される。


 「アルテリッカしんゆり」は、地域住民の手によって川崎市新百合ヶ丘で2009年から始まった芸術祭。音楽や映画、演劇伝統芸能などさまざまな分野の催しを揃えている。  
良質で皆が楽しめる数々の芸術イベントが開催される中、会場の一つである川崎市アートセンター アルテリオ映像館では「日本映画大学シネマ列伝」を開催する。これは、日本映画大学で教鞭を執るプロの映画人の作品を地域に広く紹介するもの。  
第4回となる今回は、弦巻裕教授(録音技師)、さのてつろう教授(撮影監督)、熊澤誓人准教授(映画監督)の代表作計8作品を一挙上映。また23日(日)には、熊澤誓人准教授が指導に当たった「しんゆり映画祭ジュニア映画制作ワークショップ」で中学生が制作した作品も上映される。  
そのほか、22日(土)には、日本映画大学と韓国国立芸術総合学校の学生共同制作による短篇映画「腰抜け」上映とトークイベントを実施。「日本映画大学シネマ列伝 vol.4」の概要は下記の通り。

◆「日本映画大学シネマ列伝 vol.4」
【会 期】 4月22日(土)~28日(金)
【会 場】 川崎市アートセンター アルテリオ映像館(新百合ケ丘駅北口徒歩3分)
【料 金】  1作品1,000円均一(アルテリオシネマ会員800円/高校生以下800円)  
                 ・「ラオス 竜の奇跡」は特別料金1300円(高校生以下800円)  
                 ※4/22(土)19:00~は入場無料

【上映作品】
・弦巻 裕(録音技師)
 「誰も知らない」
 「西の魔女が死んだ」  
  「アレクセイと泉」
・さのてつろう(撮影監督)
 「 [Focus]」  
  「デビルマン」  
  「3.11後を生きる」
・熊澤誓人(映画監督)  
   「天国からのエール」  
   「ラオス 竜の奇跡」(プレミア上映)

■4月22日(土)19:00~ (入場無料)
・トークイベント
・「映画大学スペシャルプログラム」
・日韓学生共同制作による新作短篇「腰抜け」の上映

※詳細は下記URL(川崎市アートセンターホームページ内)を参照。  
http://kac-cinema.jp/special/artericca2017/

●「日本映画大学シネマ列伝」facebookページ  
https://www.facebook.com/cinemaretsuden/ 

●アルテリッカしんゆり公式ホームページ   
http://artericca-shinyuri.com/



▼本件に関する問い合わせ先  
川崎市アートセンター  
TEL: 044-955-0107