トップarrowニュース一覧arrow豪雨災害「三六災害」の記録を後世に。ドキュメンタリーコース3年生

2017.5.15

豪雨災害「三六災害」の記録を後世に。ドキュメンタリーコース3年生

5月10日~18日、ドキュメンタリーコース3年生8名が、長野県下伊那郡高森町・町民研修センター「森の家」で合宿、1961年6月の豪雨災害「三六災害」の被害記録を残すドキュメンタリー制作に臨んでいます。
当時の証言や被災地の映像を記録し薄れつつある災害の記憶を後世に残すことを主題に、住民のインタビューなどを撮り進めており、今秋完成の予定です。

安岡卓治教授と学生たち

安岡卓治教授と学生たち

インタビュー動画を確認する学生

インタビュー動画を確認する学生