トップarrowニュース一覧arrow【夏休み特別企画】高校生のためのワークショップを開催しました

2017.8.9

【夏休み特別企画】高校生のためのワークショップを開催しました

7月25日・26日・27日の三日間、本学にて高校生を対象とした特別ワークショップを開催しました。

高校生のためのワークショップ

身体表現ワークショップと映像制作ワークショップ①は白山キャンパスで、映像制作ワークショップ②は新百合ヶ丘キャンパスで開催。
初日は身体表現ワークショップ「からだを動かして演技してみよう」、二日目は映像制作ワークショップ①「映画づくりを身近なものにしよう」、そして最終日は映像制作ワークショップ②「映像・アニメに音をつけてみよう」を実施し、全国から訪れた高校生たちで賑わいを見せました。ここではその様子を紹介いたします。

身体表現ワークショップ 講師:熊澤誓人先生(映画監督)

身体表現WS1

熊澤誓人先生によるレクチャー。熊澤監督の最新作『ラオス 竜の奇跡』は現在全国ロードショー中です。

身体表現WS2

チームを組んで“他己紹介”をしたり、動作の模倣や目線の誘導を行ったりし、他者と自己への意識を磨きます。

身体表現WS3

俳優の方よりパントマイムのレッスンもありました。

身体表現WS4

最後は電車というシチュエーションで簡単なエチュードを作ってみました。

映像制作ワークショップ① 講師:安岡卓治先生(映画プロデューサー)

映像制作WS①1

安岡卓治先生による名物ワークショップ。スマホやデジカメなどの機材を持ち寄ってもらい、各グループで映像を撮影します。

映像制作①5

生憎の雨でしたが課題を「雨のふたり」とし、対話で自由にワンシーンを作り2分ほどにまとめます。

映像制作WS①3

撮影した映像は安岡先生がその場で編集してみせます。その様子はスクリーンでリアルタイムで見ることができます。

映像制作WS①4

編集後に各班の作品上映が行われ、それぞれ意見や感想を交わしました。終了後、これからも交流を続けていこうと仲睦まじく語らうグループも見かけました。

映像制作ワークショップ② 講師:若林大介先生(録音技師)

映像制作WS②1

若林大介先生による「録音」のワークショップ。体験の前にはまず「台詞」「効果音」「音楽」についての特別授業を行いました。

映像制作WS②2

勉強の後は実践! アフレコ体験では声優となりアニメのキャラクターを分担して演じてみました。各班独自の演出も。

映像制作WS②3

またハサミを切ったり歩いたりする場面に合わせて、スタジオ内の道具を使い効果音も作ります。

映像制作WS②4

録音した映像を若林先生がソフトに取り込み、ダビングスタジオのスクリーンで上映。自分たちの声や音を確認すると室内は時おり笑い声に包まれました。
以上、高校生たちが参加したワークショップの様子を一部お伝えいたしました。来年もまた開催する予定ですので興味を持った方はぜひチャレンジしてみて下さい。また、アクセス・デイ等の進学イベント内でも「体験型授業」を行うことがあります。プログラムは随時、本学サイトの「オープンキャンパス」ページで更新してまいります。