トップarrowニュース一覧arrow日本映画大学の2016年度卒業制作作品「ひいくんのあるく町」が一般上映 -- 9月2日からポレポレ東中野ほか全国で順次ロードショー

2017.9.1

日本映画大学の2016年度卒業制作作品「ひいくんのあるく町」が一般上映 -- 9月2日からポレポレ東中野ほか全国で順次ロードショー

日本映画大学(神奈川県川崎市/学長:天願大介)の2016年度卒業制作作品「ひいくんのあるく町」が、9月2日(土)からポレポレ東中野でロードショー、その後順次全国で上映されることとなった。同作はドキュメンタリーコースの学生が制作したドキュメンタリー映画で、監督を務めた青柳拓さんの地元・市川大門の街を歩く「ひいくん」の姿や町の人々との交流、町の変化と現実を撮影したもの。なお、9月2日には青柳さんによる初日舞台挨拶が行われる。入場料1000円(当日券のみ)。  

ドキュメンタリー映画「ひいくんのあるく町」は、日本映画大学映画学部ドキュメンタリーコースの学生が2016年度の卒業制作として制作。今年2月にイオンシネマ新百合ヶ丘で開催した「卒業制作上映会」と、4月に同作の舞台となった山梨県西八代郡市川三郷町で開催した「地域連携映画上映会」で上映され、観客からの圧倒的な支持を集めた。これらの結果を受け、このたび東京・ポレポレ東中野を皮切りに順次全国でロードショー公開されることとなった。概要は下記の通り。

◆映画「ひいくんのあるく町」
【上映スケジュール】  
 9月2日(土)~9月29日(金)
 (9月30日(土)以降上映未定)  
  東京・ポレポレ東中野(JR東中野駅西口北側出口より徒歩1分)
【上映時間】
 ・9月2日(土)~15日(金) 16:50~
 ・9月16日(土)~22日(金) 9:30~
 ・9月23日(土)~29日(金) 10:20~/11:40~
  ※ 9月24日(日)11:40の回は、日本語字幕付き上映  
    9月2日(土)~9月8日(金)は、16:50の回上映後、青柳拓監督による舞台挨拶が行われ、期間中トークョーの予定もある。
【料 金】 当日のみ1000円

■作品情報
・時間 47分/DCP
<ストーリー>  
平凡な田舎町をいつも歩き回る「彼」は、町のみんなから「ひいくん」と呼ばれ、いつも誰かの手伝いをしている。ひいくんが歩く町は変わった。「水口屋」の店主青柳正輝さんは病気で倒れ、大好きな写真を撮りに行くことも難しくなった。正輝さんが撮影した写真には、当たり前の暮らしが写されていた。ひいくんは歩くことで人の記憶に残り、正輝さんは写真で町を記録する。緩やかに、でも確実に変化して行く町。その町を、ひいくんは今日も歩いて行く。

<スタッフ>
・監督 青柳 拓
・撮影 山野目光政
・録音/副プロデューサー 植田朱里
・プロデューサー 熊澤海透
・録音 福田 陽
・編集 朝野未沙稀


●「ひいくんのあるく町」ホームページ  
http://hikun.mizukuchiya.net/
●「ひいくんのあるく町」Facebook
https://www.facebook.com/hikunnoarukumati/

(関連記事)
・日本映画大学が2月11日・12日にイオンシネマ新百合ヶ丘で卒業制作映画を一般公開(2017/01/14)  
http://www.u-presscenter.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=10767
・日本映画大学が4月29日に地域連携映画上映会を開催 -- 2016年度卒業制作作品 ドキュメンタリー映画「ひいくんのあるく町」(2017/04/06)  
http://www.u-presscenter.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=11240


▼本件に関する問い合わせ先    
日本映画大学 総務部地域連携担当  芦澤(アシザワ)
TEL: 044-951-2511(代表)