トップarrowニュース一覧arrow日本映画大学、「映像のまち・かわさき」推進フォーラム、あさお区民まつり実行委員会が10月7日に「今は昔の物語~映像でめぐる麻生のくらし~」を共催

2017.9.15

日本映画大学、「映像のまち・かわさき」推進フォーラム、あさお区民まつり実行委員会が10月7日に「今は昔の物語~映像でめぐる麻生のくらし~」を共催

日本映画大学(川崎市麻生区)は「映像のまち・かわさき」推進フォーラム、あさお区民まつり実行委員会と「今は昔の物語~映像でめぐる麻生のくらし~」を共催する。これは「第35回あさお区民まつり」のプレイベントとして行われるもので、「川崎市政ニュース映画」麻生区編を上映する。事前申し込み制(2回上映/各回先着120名)、参加費無料。  

神奈川県川崎市は、2017年に人口が150万人を突破し、同市麻生区内にも新しい住民が増えている。その一方で、昭和時代の麻生の姿を知らない人も多くなり、地元への関心も薄れつつある。  
そこで、日本映画大学、「映像のまち・かわさき」推進フォーラム、あさお区民まつり実行委員会は郷土愛を育む目的で、また現在川崎市が推進している「川崎市映像アーカイブ事業」啓蒙活動の一環として、「川崎市政ニュース映画」麻生区編を広く区民に公開するイベントを開催する。  この映画は、かつて映画館で上映されていた「神奈川ニュース」の川崎に関連したニュース映像を川崎市がデジタル化して保存・管理(アーカイブ)したもの。「早春の王禅寺」や「造成すすむ岡上営農団地」「KAWASAKIしんゆり映画祭」などのニュース映像を上映する。  今後は、市民からの映像提供も受ける。概要は下記の通り。

「今は昔の物語~映像でめぐる麻生のくらし~」
【開催日時】 2017年10月7日(土) (第1部)13:00~ (第2部)15:00~ 開場は上映開始の30分前
【会 場】 日本映画大学 新百合ヶ丘キャンパス4F 大教室  
(川崎市麻生区万福寺1-16-30、小田急線・新百合ヶ丘駅北口徒歩1分)
【上映内容】※予定  
早春の王禅寺、指定都市スタート、造成すすむ岡上営農団地、さよなら黒川分校、ヨネッティー王禅寺オープン、柿生の里に「禅寺丸柿」実る、KAWASAKIしんゆり映画祭、ほか
【上映時間】 約47分(上映終了後、川崎市より「川崎市政ニュース映画」PRとアーカイブ収集協力の告知)
【申し込み】 参加ご希望回の専用申込みフォームよりお申込みください。  
マイタウン(エリアブレイン): http://e-mytown.com/events/154.html
【共 催】日本映画大学、あさお区民まつり実行委員会、「映像のまち・かわさき」推進フォーラム
【協 力】 (株)エリアブレイン
【後 援】 NPO法人「しんゆり・芸術のまちづくり」

▼本件に関する問い合わせ先    
日本映画大学 総務部地域連携担当 芦澤(アシザワ)  
TEL: 070-5542-6608