トップarrowニュース一覧arrow田ノ岡三郎さんとレィナ キタダさんに実習映画の音楽を担当していただきました

2017.12.19

田ノ岡三郎さんとレィナ キタダさんに実習映画の音楽を担当していただきました

3年合同制作ドラマ「姉妹協奏曲」に、アコーディオニストの田ノ岡三郎さんとバイオリニストのReina Kitada(レィナ キタダ)さんをお招きし音楽の収録がおこなわれ、演出指導の緒方明教授と録音指導の弦巻裕教授が立ち合いました。

田ノ岡三郎さんは、日本有数のアコーディオニスト。「ひよっこ」「逃げるは恥だが役に立つ」等TVドラマ音楽などにも多数参加されています。
Reina Kitada(レィナ キタダ)さんは、パリと東京を拠点に活動されている実力派フレンチシンガー、バイオリニストソングライター。NHKラジオフランス語講座テーマ曲なども担当。
おふたりは、『Authentic Midget Orchestra』というミュゼット楽団ユニットで、アルバムも制作されています。

2

[左]田ノ岡三郎さん、[右]Reina Kitada(レィナ キタダ)さん

1