トップarrowニュース一覧arrow第41回日本アカデミー賞、優秀編集賞に阿部亙英教授

2018.1.17

第41回日本アカデミー賞、優秀編集賞に阿部亙英教授

第41回日本アカデミー賞優秀賞が決定

第41回日本アカデミー賞の各部門優秀賞が発表され、以下、本学園の教員・卒業生が受賞しましたことをお報せいたします。

優秀編集賞
・阿部亙英 教授(映画『花戦さ』)
・太田義則(映画『アウトレイジ 最終章』 ※北野武監督と共同)

優秀録音賞
・尾崎聡(映画『花戦さ』)

皆様、おめでとうございます!

▼受賞結果は公式サイトよりご確認いただけます。
http://www.japan-academy-prize.jp/prizes/41.html

映画『花戦さ』におきまして、阿部亙英教授は優秀編集賞を、OB尾崎聡さんは優秀録音賞を受賞(2回目)しましたが、本作はプロデューサーほか多くの卒業生がスタッフとして参加しております!

映画『花戦さ』

【参加OB・OG】

プロデューサー/加藤悦弘

編集/阿部亙英

録音/尾崎聡

スクリプター/森直子

編集助手/古川達馬

作品は優秀作品賞をはじめとし8部門での受賞。授賞式は3/2都内で開催されます。

阿部亙英教授は、これまでの日本アカデミー賞ですでに3度編集賞に輝いており(うち2回は最優秀編集賞/映画『写楽』『バトル・ロワイアル』)、今作で4度目の受賞となりました。

日本アカデミー賞についての詳細は、同協会事務局長の富山省吾さんが語るこちらの動画をご参照ください。

▼東京国際映画祭・日本アカデミー賞の舞台裏(2017年7月のオープンキャンパスにて)