トップarrowニュース一覧arrow学校法人神奈川映像学園の新理事長に富山省吾氏が就任 -- 日本映画大学

2018.4.5

学校法人神奈川映像学園の新理事長に富山省吾氏が就任 -- 日本映画大学

日本映画大学を擁する学校法人神奈川映像学園(神奈川県川崎市麻生区)では、佐々木史朗理事長の退任に伴い、4月3日付で富山省吾氏が新理事長に就任した。  
富山氏は平成26年4月から4年間、同法人の理事を務めた。また、株式会社東宝映画社長、文化庁委託事業「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト」スーパーバイザーも務めた。現在、日本アカデミー賞協会事務局長、城戸賞選考委員。  

富山氏は理事長就任にあたって「日本映画大学が目指すべき未来像については、『開く』ことと『広げる』ことだと思います。2つの可能性に向かって大学を開き、広げたいと考えます。1つは卒業後の進路。もう1つは世界に向けて、です。これらが今日の日本映画大学が大学として社会に貢献し、その価値を評価される道であると信じています」と述べた。

富山省吾理事長

富山省吾理事長