トップarrowニュース一覧arrow撮影照明コースの学生たちが「特機体験」をしました

2018.6.8

撮影照明コースの学生たちが「特機体験」をしました

株式会社NKL様による「特機説明会」が、6月6日に日本映画大学の今村昌平記念スタジオでおこなわれ、撮影照明コースでまなぶ学生たちが、移動車やクレーンなどの特機を用いた「撮影体験」をいたしました。
【特機】…撮影時のカメラワークにより特殊効果をもたらすための機材のこと。カメラマンのイメージ・想像を、移動車・クレーン・雨・風などを用いて、映像の中で実現化していく役割です。

特機体験レポート

レール1

レールの正しい扱い方から教わりました。

レール2

移動車3

移動車にのって実際に撮影してみます。

クレーン小1

つづいてはクレーンです。

クレーン大4

より大きなクレーンも登場。組み立てから体験します。

クレーン大5

実習で建てられたセットを使って試してみました。

クレーン大6

カメラの操作には感動の声も。

クレーン大

クレーン大11

クレーン大12

撮影の可能性が広がります。

就職者インタビュー

日本映画大学の卒業生の後藤広也さん(左)と山川智也さん(右)
ともに撮影・照明コースを卒業

後藤さんと山川さん

株式会社NKLで働く日本映画大学の卒業生、後藤広也さん(2期)と山川智也さん(4期)も手伝いに駆けつけ、これから卒業制作の撮影に臨むこととなる撮影照明コースの後輩たちを応援。就職者メッセージもいただきましたので、ご紹介いたします。
▼株式会社NKL公式サイト
https://www.nkl.jp/
Q 今はどんなお仕事をしていますか?
特機オペレーター(助手)をしています。CMやPV(ミュージックビデオ)の現場に行くこともありますよ。

Q 日本映画大学に進学して良かったこと
同期で映画の現場に進んでいくので、各部署に仲間がいることがいいですね。撮影照明コースのグループLINEがあって、仕事募集の話などを共有しています。また先輩たちのネットワークがあることも、とくにフリーの人は安心だと思います。

Q 日本映画大学のキャリアサポートはどうでしたか
卒業後も面倒をみてくれて、とてもありがたかったです。

後藤さん1

後藤広也さん(奥)

Q 今のお仕事は?
おなじく特機オペレーターの助手についています。行くのは別々の現場ですね。

Q 日本映画大学で学んで良かったこと
現場に出ている講師がたくさんいるので、“現場の知恵”を学べたことです。

Q 日本映画大学のキャリアサポートについて
自分はインターンシップを紹介してもらったことが、そのまま就職につながりました。在学中から社会と接する機会が多くあります。

山川さん1

山川智也さん
▼日本映画大学の進路・就職・キャリアサポートについては、こちらをご覧ください!
http://www.eiga.ac.jp/career/index.html