2012.02.14

Category:学生

「最後の漫才実習」 本田智宏 (日本映画学校俳優科2年)

 

俳優科の生徒は、ただ今漫才の実習中で、講師の先生たちからいろいろな指導を

受けています。

 

この学校に入って二年間。

800フィート実習、1500フィート実習、舞台演劇そして卒業ドラマと沢山の経験を
させていただきましたが、
この漫才の実習を最後に、俳優科を卒業することになります。

 

僕はこの漫才実習が始まるまでは、正直「お笑い」というものにたいした興味も

ありませんでした。あまり真剣に考えず、どうでもいいとさえ思っていたのです。
ですが、コンビを組んで自分達で台本を書いていく作業が進むにつれ、
「面白いもの」とは何か、「人を笑わせる」ということの難解さを考えるようになってきました。
時間というものはあっという間に過ぎるもので、アートセンターでの漫才発表まで
あと3週間を切りました。

 

映画学校最後の俳優科。

映画学校最後の漫才実習。

 

皆さん是非2月29日川崎アートセンターでの公演に足をお運びください。

俳優科一同お待ちしております。

 

(日本映画学校俳優科25期生)

 

日本映画学校・俳優科25期生 漫才実習発表会

「日本映画学校の漫才!!」
>> http://www.eiga.ac.jp/gakkou/news/index.php?id=20120209

ページトップへ