トップarrow 学科・コース紹介arrow 教員紹介arrow新家子美穂

教員プロフィール(業績・学位等)

新家子美穂







氏  名  新家子 美穂 (SHINYAKO Miho)
職  種  講師/シネマトグラファー

プロフィール(業績等)

1999年よりフリーの撮影部となる。主に川上皓市氏、丸池納氏に師事。
2002年Vシネマの撮影をきっかけにCM『日テレGO!GO! クロマニヨンズ、F-BLOOD 編』(2008)、『資生堂AUPRES』(2009)、『adidas 中国』(2012)、『ダイエー・元旦革命』(2013)等々を撮影。平行し多くの劇映画で撮影チーフとして色彩計測、オペレーター、Bキャメラを経験。
撮影担当作品、劇映画『母・外与子〜愛は悲しみを超えて〜』(桜井真樹監督・2005)は第41回ヒューストン国際映画祭レミアワード金受賞。
2018年度アムステルダム・ドキュメンタリー国際映画祭にてプレミアム上映されたフランス製作ドキュメンタリー『EARN A LIVING』(ユバル・オー監督・2018)では日本編の撮影を担当。
2019年公開予定、劇映画『火口のふたり』(荒井晴彦監督・2019)ではBキャメラ・色彩計測・データマネージャーを担当。映画、CM、ドキュメンタリー、TV、展示映像、PR等幅広いジャンルを撮影。