5月19日(日)オープンキャンパス

5月19日(日)

13:00~16:00

白山キャンパス

コースで学べることを知ろう!

タイムスケジュール

時間プログラム等
12:30~13:00受付
13:00~14:10<特別企画>
日本映画大学で学べること
~カリキュラムとコースの説明~

【第1部】カリキュラムについてのガイダンス
【第2部】それぞれの系・コースで学べること
14:15~16:00個別相談
今村昌平記念スタジオ見学

特別企画 日本映画大学で学べること~カリキュラムとコースの説明~

【第1部】カリキュラムについてのガイダンス

第1部では、カリキュラムの概要を担当教員が説明します。

本学のカリキュラムは独特です。実習と座学を両立させるため、8週単位でカリキュラムが変わっていきます。実習期間の8週間は、「映画を作る」ことに集中するため、1つの実習しかありません。

実習が終了すると、次の実習に進むためのステップとして、映画を中心とした教養を学ぶ「座学」と体験をとおして学ぶ「ワークショップ」が用意されています。

これを4年間繰り返していくことで、映画制作の全体像を知り、技術を修得すると同時に、映像や文化、社会に対する知識と幅広い教養を身につけることが可能となるのです。

【第2部】それぞれの系・コースで学べること

第1部での説明を受けて、現場で働く教員たちが、授業の実際やその特色をあますことなく語らう座談会を行います。

各系の知識や体験を交わすことで、日本映画大学で学べることの全体像をより具体的に明らかにしつつ、プロとして活躍する視点からも広がる進路についてお話いただきます。

大学案内よりも詳しく本学を知りたい方や、進学を考えている方・迷われている方にとくにお勧めの企画です。

3つの「系」と8つの「コース」(2年次以降)

系・コース画像

登壇者

熊澤先生

◆熊澤 誓人(映画監督/演出系)

東宝株式会社入社後、出向先の東宝映画にて市川崑監督、犬童一心監督など数々の作品の助監督を務める。
2011年『天国からのエール』で劇場映画監督デビュー。最新作の『ラオス 竜の奇跡』は日本・ラオス初の合作映画で2017年に公開された。
◆若林 大介(録音技師/技術系)

日本映画学校(現日本映画大学)卒業後、フリー助手となる。記録映画などの録音・整音を多く務める。
録音のみならず、デジタル及びポスプロ技術に精通し、ポストプロダクションワークフローの構築なども行う。
貌斬りKAOKIRI~戯曲スタニスラフスキー探偵団より』(細野辰興・2016)では録音・編集・カラコレを担当。
最新作は『OKINAWA1965』(都鳥伸也監督・2018)の整音。

若林先生

大澤先生

◆大澤 信亮(批評家/文章系)

著書に『新世紀神曲』(新潮社、2013)、『神的批評』(新潮社、2010、第4回池田晶子記念「わたくし、つまりnobody 賞」受賞、第24回三島由紀夫賞候補)など。
現在『新潮』にて評論「小林秀雄」を連載中。「新潮新人賞」「すばるクリティーク賞」では選考委員を務める。

プログラム内容

受付

IMG_78611

12:30~13:00
大学案内や学生制作の映画雑誌などを配布。オリジナルグッズもプレゼント!
卒業制作メイキング&学生制作CM上映

待ち時間に上映2

12:30~13:00(待ち時間)
大学紹介映像や卒業制作映画のメイキング映像、学生が作った大学のオリジナルCMを上映します。
個別相談

個別相談2

14:15~16:00
映画業界で働く本学の教員と個別に相談できます。コースの詳細や映画の仕事のことなど、なんでもお尋ねください!その他、入試・生活相談・奨学金制度のことなど、幅広くご相談に応じます。
在学生とのフリートーク

フリートーク2

14:15~16:00
授業、住まい、アルバイトなど、学生生活を送るうえで気になることを学生から直接聞けます。
今村昌平記念スタジオ見学

スタジオ外観

14:15~16:00
学内にある撮影スタジオを見学することができます。
(スタジオ内)

IMG_07411

スタジオにあるセットは開催月によって異なります。

参加申込み

申込フォーム_オープンキャンパス

アクセス

【日本映画大学 白山キャンパス
 小田急線「新百合ヶ丘」駅 下車
 南口バスターミナルより
 3番バスのりばから[新10]「新ゆりグリーンタウン」行きバス5分[日本映画大学]下車
 6番バスのりばから[新15]「大谷」行きバス5分[日本映画大学]下車
 7番バスのりばから[新17]「聖マリアンナ医科大学」行きバス5分[日本映画大学]下車
 ※所要時間は道路状況により延着する場合がありますのでご注意ください。


「日本映画大学」バス停を降りたら、右手に進みます。今村昌平記念スタジオが左手前方に見えます。最初の角を左手に曲がると白山キャンパスは目の前です。

白山校舎外観

※ 遠方からお越しの方は、帰りの時間に十分にご注意下さい。

お問合わせ先

 日本映画大学 入試事務室  
 TEL:044-951-2511
 Eメール:info@eiga.ac.jp