トップarrowニュース一覧arrow「映画流通論」に女優・プロデューサーの杉野希妃さん、プロデューサーの小野光輔さんがゲスト講師としていらっしゃいました

2012.7.27

「映画流通論」に女優・プロデューサーの杉野希妃さん、プロデューサーの小野光輔さんがゲスト講師としていらっしゃいました

石坂健治教授の授業「映画流通論」に、2010年東京国際映画祭日本映画・ある視点部門作品賞受賞、世界90ヵ所以上の映画祭、劇場等で今も上映が続く『歓待』の主演女優・プロデューサーの杉野希妃さんと、プロデューサーの小野光輔さんがゲスト講師としていらっしゃいました。

『歓待』上映後に、世界を舞台に活躍するお二人から、インディーズ作品の企画、制作に関する話や、完成した作品を映画祭はじめ多くの観客に観てもらい、 制作資金を回収するまでの実体験の貴重な話を聞かせていただきました。
 

受講学生の感想

世界と闘う杉野希妃さんと小野光輔さんのお話を聞いて、お二人の強い気持ちが伝わってきました。

特に印象深かったのは「受け身でありたくない」「ぶち壊したい」ということでした。

創作とは自ら立ち上がり、破壊することなのかも知れないと思いました。

お二人と出会えて良かったです。

(日本映画大学2年 伊藤僚太郎)
 

質疑応答で杉野さんが「いま日本映画に足りないものは挑戦すること」と応えていたのが心に響きました。自分の立ち位置ばっかり気にしてるような怠惰な創作活動じゃ本当の意味で面白いものなんて生まれないよなぁと。

(日本映画大学2年 山村尚史)
 

映画『歓待』

http://kantai-hospitalite.com/

116_01