トップarrowニュース一覧arrow日本映画学校最後の卒業式が行われました。

2013.3.26

日本映画学校最後の卒業式が行われました。

1975年に横浜放送専門学院として開校し、1985年に専門学校として名称を改めた、日本映画大学の前身である日本映画学校の最後の卒業式が3月18日に行われ、117名の卒業生が巣立っていきました。

【日本映画学校の記念スナップ】
日本映画学校校長 千葉 茂樹


映画学校は、当初から輝いていた。

卒業式01

横浜でスタートした当初、創立者の今村昌平が「既設のレールを走りたくない若者たち、常識の管理に甘んじたくない若者よ集まれ」と呼びかけた結果、全国各地から駆け付けた学生たちは皆んな燃えていた。

同時に、迎え入れた講師陣は殆どが現役のカツドウ屋だった。映画への情熱は学生に劣らず型破りの熱血漢が多かった。学生たちの作品発表会や合評会では、熱く論じ合う余り講師同士がケンカまで始まるなど、学生、講師ともに熱く燃え輝いていた。

卒業式02

講師も、職員も決して経済的に優遇とは言えなかったが、みな献身的に学生らのために働き続けた。幾多の映画人、協力者、何よりも保護者の皆さんにこの場を借りて篤くお礼を申し上げたい。

「皆さん、本当にお疲れさま。青春を有り難う」

青春が輝いていた。日本映画学校と私自身につて語ろう。

卒業式03

1979年、憧れの今村監督に出会って間もなく「横浜放送映画専門学院」で、担任と文化映画「由美ちゃんの交換日記」の演出を任せられた。脚本は卒業生の河本瑞貴君、彼のシナリオに一つだけ注文を出した。

映画のラスト=小学校の運動会に実物モデルの由美ちゃん(身体障害)を登場させたのだ。ご両親はとても喜んで下さった。

卒業式04

2000年には、映画学校で副校長を任せられた私は、シドニー・オリンピックを記念して“サザンクロス日本映画祭2000”を計画、リズモア、キャンベラ、シドニー三都市に2週間にわたって、今村作品「黒い雨」ほか武重、新城、池端、千葉の映画作品と学生映画上映と交流を展開した。今村ご夫妻を交えて、愉しい記念スナップが残っている。

このイベントで、ドキュメンタリー映画「豪日に架ける〜愛の鉄道」上映が契機となって、2002年から「豪日学生映画フォーラム」を計画し、シドニーと川崎でのユニークな映画祭が毎年行われるようになった。

卒業式05

若い学生監督の作品上映と愉しい交流が、10年近く継続し、KAWASAKIしんゆり映画祭の売り物として話題を提供していった。

専門学校が積み重ねた多くの作品と人材養成の伝統は、間違いなく日本映画大学に引き継がれ、大きな遺産となっていくに違いない。

卒業式06