トップarrowニュース一覧arrowアルテリッカしんゆり2013プレイベント「無声映画と音楽の午後」を開催しました。

2013.4.30

アルテリッカしんゆり2013プレイベント「無声映画と音楽の午後」を開催しました。

開学記念イベントとして2011年に開催以来、今年で3回目の開催となった本学と昭和音楽大学とのコラボレーション企画「無声映画と音楽の午後」が、4月20日に昭和音楽大学の劇場テアトロ・ジーリオ・ショウワで行われました。

アルテリッカプレイベント:舞台挨拶

第一部は日本映画学校最後の卒業制作作品『僕らの交響詩』の上映と、OBの監督・倉科慎太郎さん、プロデューサー・井上純平さんが登壇、佐藤忠男学長を交えてのミニトークとなりました。

アルテリッカプレイベント:OB

第二部はゲストに名優・柄本明さんを招き、佐藤忠男学長との対談。主演した今村昌平監督の『カンゾー先生』から、『悪人』に続いての出演となった李日相監督の最新作『許されざる者』のエピソード、俳優として映画と演劇の違いなど、興味深い話が時にユーモラスに語られました。

アルテリッカプレイベント:柄本

第三部は『チャップリンのカルメン』デジタルマスター版に、昭和音楽大生が作曲、オーケストラ生演奏での上映。指揮者の梅都優子さんがチャップリンの扮装で登場、上映前にはオペラでの代表的なフレーズが演奏されるなど、映画を盛り上げる演出がされていました。
 
毎年ゴールデンウィークに催される地域の芸術祭「アルテリッカしんゆり」は実行委員長を佐藤忠男学長がつとめ、「しんゆり・芸術のまちづくり」フォーラムと連携、まち全体の活力を引き出し、地域からの盛り上がりを演出しています。

アルテリッカプレイベント:チャップリン