トップarrowニュース一覧arrow夏のオープンキャンパス『踊る大捜査線』のOB本広克行監督がやって来た!

2013.7.19

夏のオープンキャンパス『踊る大捜査線』のOB本広克行監督がやって来た!

7月14日(日)、白山キャンパスで2013年度第2回目のオープンキャンパスが実施されました。テーマは“映画大学を見て・聞いて・感じる”
朝から蒸し暑い天気のなか全国から多くの参加者に来場していただきました。

DSC_0031

『踊る大捜査線』のOB本広克行監督がやって来た!
 
 まず最初に本広克行監督の特別映像をご覧いただきました。今回のオープンキャンパスのためにわざわざ制作して下さったここでしか観られない監督のバイオグラフィ映像。映画デビュー作から、最新のAKB48、アニメ作品まで、代表作『踊る大捜査線』などのメイキング映像もたっぷりで、これぞ“本広ワールド”という映像に参加者の気分は一気に高揚した様子でした。

DSC_0078

そして続くトークショーでは 土田環准教授を進行役に、聞き手は本広監督の先輩でもある同じく映画監督の細野辰興准教授。本学の前身である横浜放送映画専門学院のOB同士として、母校の懐かしい話で大いに盛り上がりました。
 
*トーク内容詳しくはこちらの記事をご覧ください。
メンター・ダイアモンド 日本映画大学オープンキャンパスレポート

DSC_0054

学生の生の声を聞こう!「震災と記録・復興への道」 
 
今年2月、本学1,2年生7名がタイ・バンコクにて、タイの青年達との交流を図る留学プログラムに参加しました。災害を記録した映像作品を軸に「映画と災害」というテーマについてタイに向かうまでの取り組み、震災に関する映画や映画人の紹介など、今回のオープンキャンパスに向け参加した学生たちによる発表を行いました。
被災地の生々しい映像や、タイでの意見交流会の様子を紹介し「災害に対して映画は何が出来るか」という問題に学生達が取り組む過程が報告されました。
重いテーマに真剣に向き合った学生達の言葉に、参加者の方々も深く聞き入っている様子でした。
参加者からの「数年後、震災の映画は上映されなくなっているのではないか」との質問に、「関わり続ける」と力強い言葉で答え、発表を結びました。

★P1013183

その他、撮影スタジオで川上皓市教授、さのてつろう准教授によるワークショップ「撮影スタジオのセットで撮影体験!」や、中川譲准教授による公開講義「映像で語るとはどういうことか~アニメを使って考える」のプログラムも盛況でした。
 
*ワークショップの様子など詳しくはこちらの記事をご覧ください。
メンター・ダイアモンド 日本映画大学オープンキャンパスレポート
暑い1日でしたが、オープンキャンパスも負けないくらいに熱気に満ちていました。
次回は8月11日に進路相談会を行います。個別相談ではAO入試や奨学金のことなど、より詳しい内容にお答えします。
本学の雰囲気や、第一線で活躍するプロの教員達と学生達の様子を知る機会です。ふるってご参加下さい。お待ちしています!
 
*進学相談会詳細、申し込みはこちらから。

DSC_0123