トップarrowニュース一覧arrow荒井晴彦教授脚本作品『共喰い』が第66回ロカルノ国際映画祭で「YOUTH JURY AWARD最優秀作品賞」と「ボッカリーノ賞最優秀監督賞」受賞。

2013.8.23

荒井晴彦教授脚本作品『共喰い』が第66回ロカルノ国際映画祭で「YOUTH JURY AWARD最優秀作品賞」と「ボッカリーノ賞最優秀監督賞」受賞。

荒井晴彦教授の脚本作品、第146回芥川賞受賞作を映画化した『共喰い』(監督:青山真治、原作:田中慎弥、9月7日公開)が第66回ロカルノ国際映画祭(8月7~17日)コンペティション部門で、若い審査員による「YOUTH JURY AWARD最優秀作品賞」と、スイス国内の批評家が選考を行う「ボッカリーノ賞最優秀監督賞」をW受賞しました。

『共喰い』公式サイト