トップarrowニュース一覧arrow緒方明教授、斎藤久志准教授の監督最新作が第26回東京国際映画祭「日本映画・スプラッシュ」部門にノミネートされました。

2013.9.24

緒方明教授、斎藤久志准教授の監督最新作が第26回東京国際映画祭「日本映画・スプラッシュ」部門にノミネートされました。

緒方明教授の監督最新作『友だちと歩こう』と斎藤久志准教授の監督最新作『なにもこわいことはない』が、第26回東京国際映画祭の「日本映画・スプラッシュ」部門にノミネートされました。
活況を呈する日本のインディペンデント映画から、とりわけ個性が強く、独創性とチャレンジ精神にあふれる作品を監督のキャリアを問わず紹介するこの部門は、海外への飛躍を強く意識したリニューアル部門です。
 
また、毎年フェスティバル・ディレクターを務める石坂健治教授は、アジア新鋭監督の作品をいちはやく上映するアジア・コンペティション部門「アジアの未来」を担当します。

第26回東京国際映画祭公式サイト