トップarrowニュース一覧arrowOB中野量太監督が第5回TAMA映画賞「最優秀新進監督賞」を受賞しました。

2013.10.11

OB中野量太監督が第5回TAMA映画賞「最優秀新進監督賞」を受賞しました。


劇場デビュー作『チチを撮りに』で受賞が相次ぐOB中野量太監督が、第5回TAMA映画賞の「本年度もっとも飛躍した監督、もしくは顕著な活躍をした新人監督」に贈られる最優秀新進監督賞を受賞しました。
 
【受賞理由】
「笑いあり、涙ありの小さな家族の物語でありながら、登場人物の明日に向かって生きていこうとする前向きな姿勢が<人生讃歌>として観客に元気と勇気を与えた」
TAMA映画賞とは

明日への元気を与えてくれる・夢をみせてくれる活力溢れる<いきのいい>作品・監督・俳優を、映画ファンの立場から感謝をこめて表彰します。
  • 選考対象:2012年10月から2013年9月に一般劇場で公開された作品及び監督・キャスト・スタッフ
  • 選考方法:TAMA映画フォーラム実行委員(市民ボランティア)の合議により選考
※10月13日(日)オープンキャンパスにて中野量太監督スペシャルトークを開催!
詳細、申込はこちら