トップarrowニュース一覧arrow石坂健治教授がプログラミング・ディレクターを務める第26回東京国際映画祭が本日開幕!

2013.10.17

石坂健治教授がプログラミング・ディレクターを務める第26回東京国際映画祭が本日開幕!

石坂健治教授が「アジアの未来」「ワールド・フォーカス」部門のプログラミング・ディレクターを務める第26回東京国際映画祭が本日開幕しました。
「日本映画スプラッシュ」部門では緒方明教授の最新監督作品『友だちと歩こう』、斎藤久志准教授の最新監督作品『なにもこわいことはない』、そしてOB渡辺紘文監督の『そして泥船はゆく』が上映されます。
また「コンペティション」部門の『ほとりの朔子』には本学学生がスタッフ、キャストとして参加しています。
 
第26回東京国際映画祭公式サイト