トップarrowニュース一覧arrow荒井晴彦教授が『共喰い』で第87回キネマ旬報脚本賞を受賞しました。

2014.1.9

荒井晴彦教授が『共喰い』で第87回キネマ旬報脚本賞を受賞しました。

荒井晴彦教授が『共喰い』(監督:青山真治、原作:田中慎弥)で第87回キネマ旬報脚本賞を受賞しました。
荒井教授の同賞受賞は『Wの悲劇』(澤井信一郎監督、1984)、『リボルバー』(藤田敏八監督、1988)、『ヴァイブレータ』(廣木隆一監督、2003)、『大鹿村騒動記』(阪本順治監督、2011)に続き5度目となります。
 
またベスト・テンに下記、本学教員、OB作品が入りました。
1位 『ペコロスの母に会いに行く』(製作・配給:木下繁貴)
5位 『共喰い』(脚本:荒井晴彦教授)
6位 『そして父になる』(録音:弦巻裕教授)
9位 『もらとりあむタマ子』(録音:OB 岩丸恒、中山隆匡)
10位 『フラッシュバックメモリーズ3D』(監督:OB松江哲明)
 
第87回キネマ旬報ベスト・テン公式サイト