トップarrowニュース一覧arrowOBの今井友樹監督『鳥の道を越えて』が2014年度の文化庁「文化記録映画優秀賞」を受賞

2014.9.24

OBの今井友樹監督『鳥の道を越えて』が2014年度の文化庁「文化記録映画優秀賞」を受賞

今井さんは、過去に、
髙橋世織学部長の講義「日本文化論」に、ゲストとしてお招きしたことがある気鋭の記録映画監督です。
ドキュメンタリー映画「鳥の道を越えて」は、
2014年秋より全国順次公開、 11月1日より渋谷イメージフォーラムにて初公開!

記事の詳細は、コチラ

「鳥の道を越えて」公式サイトは、コチラ

文化庁記録映画授賞式会場

授賞式会場の様子

今井さん受賞の様子 (3)

(左) 髙橋世織教授
(右) 受賞した今井友樹さん

今井さん受賞の様子

表彰の瞬間
以下、HPより抜粋

監督:今井友樹プロフィール


1979年岐阜県東白川村生まれ。
日本映画学校卒業後、日本各地の基層文化を映像で記録・研究する民族文化映像研究所に入所。
所長の姫田忠義に師事しながら映像制作にかかわる。
現在はフリーランスとして主に民俗や伝統文化の記録活動に携わっている。
8年の歳月をかけて2014年春に本作品が完成する。

今回が劇場公開の初監督作品である。

鳥の道を越えて