トップarrowニュース一覧arrow日韓学生共同制作プロジェクト 第二弾いよいよスタート

2014.10.31

日韓学生共同制作プロジェクト 第二弾いよいよスタート

本学と韓国国立芸術綜合学校(THE KOREAN NATIONAL UNIVERCITY of ARTS <K-Arts>)は、 協力・交流に関する協約を締結し共同で短編映画を制作しています。
今年の「日韓学生共同制作プロジェクト」は、韓国を舞台にした脚本を日本側が執筆し、メガホンをとります。出演者は韓国と日本から参加。撮影・照明・録音など現場スタッフは韓国側、編集など仕上げ作業は日本側が担当します。

11月下旬のクランクインに先立ち、10月24日、監督・脚本担当者・プロデューサーらが韓国へ渡り、韓国の学生たちと活発なディスカッションを行い、ロケハン(撮影場所の下見・確定)や韓国人出演者のオーディションなどを進めてきました。

K-Arts パク・クァンス先生とピョン先生

K-Arts パク先生とピョン先生     おふたりは映画監督です

出演者のオーディションをしました

出演者のオーディションをしました

歓迎会を開いていただきました

歓迎会を開いていただきました

【タイトル】
 『열ヨル(=熱)』(仮) 韓国の日本人留学生と韓国人大学生の交流を描く
 
【監督】
崔正憲(4年脚本演出コース)
【脚本】
上田真也(3年脚本演出コース)・崔正憲

<担当教員>
K-Arts:パク・クァンス教授(映画監督)
本学:天願大介教授(映画監督)


213  昨年の日韓学生共同制作プロジェクト作品「風邪」(脚本・監督: チョン・ジヨン<K-Arts>)は、11/9フジテレビ・マルチシアターで上映されます。
2014 Student Films 7 in ODAIBA記事