トップarrowニュース一覧arrow第1回卒業論文研究発表会を開催しました。

2015.2.9

第1回卒業論文研究発表会を開催しました。

日本映画大学は2015年3月に、四年制大学となって初の卒業生を輩出します。その中でも、理論コースの学生は、卒業制作の代わりに卒業論文を書きます。3年次から着実に準備を進めてきた卒業論文。その研究成果を伝えるための発表会が開かれました。

ポスターセッション

学生は各自の卒業論文の内容を一枚のポスターで表現し、来場者にむけてプレゼンします。1月30日(金)と31日(土)の2日間の日程で開催され、学内用チラシも学生が作成しました。卒業論文を「作品」ととらえ、伝える方法を考える。作品を人に届けるまでのプロセスを大切にする本学ならではの取り組みです。
 

卒論発表会①

卒論発表会②

トークショー

セッションの合間には、研究内容に即したトークショーも。初日は、本学教授の荒井晴彦先生の脚本・監督作を研究した立石逸平さんと、荒井先生ご本人とのトーク。2日目は、本学理事長の佐々木史朗先生が登壇され、映画館運営をインターン等で経験した大鋸毅さん、吉見貴光さん、新藤絵美里さんの3名と対談しました。

卒論発表会③

卒論発表会⑥

卒論発表会④

卒論発表会⑤