トップarrowニュース一覧arrow香港・マカオで開催される第9回アジア・フィルム・アワード(アジア版アカデミー賞)で石坂健治教授が審査員をつとめます。

2015.3.9

香港・マカオで開催される第9回アジア・フィルム・アワード(アジア版アカデミー賞)で石坂健治教授が審査員をつとめます。

 毎年3月に香港・マカオで華やかに開催されるアジア最大級の映画の祭典で、“アジア版アカデミー賞”と呼ばれる「アジア・フィルム・アワード(AFA)」。9回目となる今年は3月25日に授賞式が開催されます。

日本からは、『そこのみにて光輝く』が作品賞、『野火』の塚本晋也監督が監督賞、『自由が丘で』の加瀬亮さんと『るろうに剣心 伝説の最期編』の佐藤健さんが主演男優賞、『紙の月』の宮沢りえさんが主演女優賞にノミネートされるなど、数多くの作品や映画人が各賞の候補となっており、受賞が期待されます。

また、香港のメイベル・チャン監督を審査委員長とする14人の審査員のうち、日本からは俳優の別所哲也さんと本学の石坂健治教授(東京国際映画祭ディレクター)が審査員をつとめます。(別所さんは初めての、石坂教授は2008年の第2回AFAから8年連続の審査員です。)

(参考)
アジア・フィルム・アワード(AFA)HP: http://www.asianfilmawards.asia/