トップarrowニュース一覧arrow安岡卓治教授プロデュースの新作「赤浜Rock'n Roll」が5/2(土)新宿で封切、順次全国で公開します。

2015.4.25

安岡卓治教授プロデュースの新作「赤浜Rock'n Roll」が5/2(土)新宿で封切、順次全国で公開します。

安岡教授がプロデュースし、映画学校15期卒の辻井潔氏(現在ドキュメンタリーコースの編集指導)が編集を、
同25期の吉田拓史氏が編集助手を務めた新作「赤浜Rock'n Roll」が上映されます。
ドキュメンタリー映画「赤浜Rock'n  Roll」とは? 
山と川と地下水脈が育む豊かな海の町、岩手県大槌町
国と県の提示した巨大な防潮堤にNOと言った浜の物語

弁天様を祀る蓬莱島(ひょっこりひょうたん島のモデルの島)が浮かぶ町、岩手県大槌の赤浜で生まれたロックを愛する漁師・阿部力(つとむ)は「漁師は水揚げしてなんぼ」と、海で体をはってきた。
2011年、東日本を襲った大震災で、町を「土色の壁のような波」が襲った。最大22mの津波と火災により、死者・不明者1280余人、町の85%が喪失した。半年後、国と県は、5階建てビルと同じ、14.5mの高さの巨大防潮堤で海岸線を囲う復興計画を決める。
「海が見えねえじゃねぇか!」そんな中、赤浜の住民は巨大防潮堤に反対の声をあげる。
「人間が作ったものは壊れる」津波で家族を亡くした“赤浜の復興を考える会” 会長の川口博美は国の提案を拒否。 「自然をないがしろにして復興はない」と阿部は、手間ひまかけて育てたワカメ、昆布、ホヤ、牡蠣を、消費者に届けることに心血を注ぐ。
自然を抑え込む発想とは違う共に歩む知恵。ここに、わたしたちの進むべき未来もある。
監督:小西晴子
プロデューサー:安岡卓治/小西晴子
編集:辻井潔 編集助手:吉田拓史
90min
製作:ソネットエンタテインメント
 
■「赤浜Rock'n Roll」公式サイト
 http://www.u-picc.com/akahama_rocknroll/
 https://www.facebook.com/AkahamaRocknRoll

■上映劇場

東京  新宿K’s cinema ★
http://www.ks-cinema.com/schedule/
03-3352-2471
5月2日(土)~5月15日(金)

ゲストトークが以下の日程で行われます。
5/2(土)阿部力(出演者/赤浜の漁師・新おおつち漁協組合長)
5/3(日)川口博美(出演者/赤浜の復興を考える会会長)
5/9(土)マーティン・ファクラー(ニューヨークタイムズ東京支局長)
5/10(日)赤坂憲雄(学習院大学文学部教授)
※10:00からの上映後の登壇