トップarrowニュース一覧arrow「3泊4日、5時の鐘」日本映画大学先行試写会を開催しました。

2015.7.24

「3泊4日、5時の鐘」日本映画大学先行試写会を開催しました。

本学4年に在籍する三澤拓哉さんの監督デビュー作となる、映画「3泊4日、5時の鐘」の日本映画大学先行試写会を行いました。
三澤さんは、映画製作会社「和エンタテインメント」に2年生の頃からインターンとして参加し始め、大学の授業と両立しながら数本の制作に携わった後、今作で監督デビューを果たしました。既に国内外の映画祭に出品され、第5回北京国際映画祭注目未来部門では脚本賞を、第3回シロス国際映画祭では作品賞を受賞するなど、各方面で注目を集めています。

この試写会は9月の一般公開に先立ち、本学の教員や学生に向けて開かれたもので、当日は多くの在学生や教員が駆けつけました。三澤さんは、普段から旧知の仲である教員や在学生が観客ということで、映画祭などとはまた違った緊張があったようですが、見終えた人々からは三澤さんの快挙を讃えるとともに、厳しくもあたたかい感想が飛び、監督はこれらの叱咤激励に感慨深い様子でした。
制作現場には本学の学生数名もスタッフとして参加し、大学とは違った環境で映画に接することで、さらに多くのこと学んだ様子でした。

映画は9月19日(土)から、新宿K's cinemaにて公開され、順次全国公開となる予定です。どうぞご期待ください。



三澤拓哉さん特集ページはこちら。

「3泊4日、5時の鐘」公式ホームページはこちら。

DSCF0106

(上映前に挨拶をする三澤監督。)

DSCF0114

(会場に駆けつけた佐藤学長と。)