トップarrowニュース一覧arrow日本映画大学と韓国国立芸術綜合学校の合作「열(熱)」が完成しました。(受賞情報更新しました)

2015.9.24

日本映画大学と韓国国立芸術綜合学校の合作「열(熱)」が完成しました。(受賞情報更新しました)

HP用5

日本映画大学と韓国国立芸術綜合学校は、2012年に提携を結び、両学の学生が共同で短編映画を合作する試みを行っています。2回目となった今作は、本学の学生が執筆した中からシナリオを選出し、監督も本学の学生が務めました。
両学の教員が指導にあたりながら、昨年11月に全編ソウルで撮影され、このほど作品が完成しました。



          ヨ   ル
「열(熱)」

監督:崔正憲 脚本:上田真也,崔正憲 撮影:Choi Bong Gyu アドバイザー:Park Gwang Su,天願大介 出演:中山龍也,Kim Du Jinほか
ソウルの大学に語学留学して間もない日本人・タケシは、勉強をそっちのけで酒・女・クラブと毎日堕落した生活送っていた。その日も、女をナンパするためにクラブで遊んでいたタケシであったが、同じ大学に通う友人の韓国人・ジソンから電話がかかってくる。「タケシ、風邪がしんどいから風邪薬を買ってきてくれないか?」しぶりながらもジソンの家に薬を持っていってやるタケシだったが……。

HP


すでにいくつかの映画祭に出品され、審査を突破した映画祭では上映も予定されています。また、5月2日(土)には、
川崎市アートセンターで開催される「日本映画大学シネマ列伝 vol.2」にてプレミア上映も決定しました。
こちらのページでは随時公開情報も掲載していきますので、皆さま是非ご覧ください。

IMG_0394

IMG_0412

IMG_0396

■■■上映情報■■■

・4月19日(日) 「TOHOシネマズ学生映画祭」 ※終了しました。

・5月2日(土) 「日本映画大学シネマ列伝vol.2※終了しました。
 於:川崎市アートセンター アルテリオ映像館  19:20~ 

・6月20日(土) 「MKE映画祭※終了しました。
 於:岐阜県図書館1F多目的ホール 
11:00 〜16:30

・9月20日(日)~22日(火)「水戸短編映像祭」コンペティション部門ノミネート!
 於:水戸芸術館ACM劇場 ※タイムスケジュールは未定です。

・10月7日(水)
「札幌国際短編映画祭」
オフィシャル・セレクション選出!
 ※タイムスケジュール、開催場所は未定です。


■■■最新情報■■■

(熱)」が第19回水戸短編映像祭で準グランプリを獲得!(2015.9.24更新)

9 月22日(火)、水戸市内で開催されていた第19回水戸短編映像祭のコンペティション部門ノミネート作品の上映と結果発表があり、『열(熱)』が準グラン プリを受賞しました。会場まで駆けつけていた監督で1期卒業生の崔正憲さんは「他のノミネート8作品のレベルの高さを観て、正直自分の作品は今回厳しいと 感じていたので、嬉しいサプライズでした。有難う御座います。」とコメント。人気作家を多く輩出してきた実績ある映画祭で、素晴らしい快挙となりました。

水戸

無題


(熱)」が第9回TOHOシネマズ学生映画祭ショートフィルム部門で準グランプリを獲得!(2015.4.21更新)

4月19日(日)、新宿TOHOシネマズで開催された「第 9回TOHOシネマズ学生映画祭」のショートフィルム部門(15分以内の実写作品)で『열(熱)』が準グランプリを獲得しました。ショートフィルム部門に は、数多くの作品から2次審査を通過した力作5作品が集結。満席の会場の中、『열(熱)』は最後に上映され、審査の結果、見事準グランプリとなりました。(写真:受賞コメント中の崔正憲監督)