トップarrowニュース一覧arrow横浜シネマリンにて荒井教授と佐伯講師のトークがありました。

2015.11.19

横浜シネマリンにて荒井教授と佐伯講師のトークがありました。

横浜シネマリンにて、本学3年脚本コースと連携した、特集上映「戦後70年特別企画・第2弾 戦後を生きたひとびと」が行われ、3年脚本コースの指導を担当する、脚本家の荒井晴彦教授と同じく脚本家で本学講師の佐伯俊道氏によるトークがあり、司会・聞き手を本学で講義を受け持つ岩槻歩講師が務めました。

荒井、佐伯の両氏は、この特集上映の企画段階から作品選定に加わり、戦後の庶民の生活を見つめた9本の名作がラインナップされ、トークでは、作品の感想から、出演俳優の秘話、制作当時の日本映画界の裏話なども飛び出し、会場の観客からは終始笑い声が漏れるなど、アットホームなトークとなりました。

横浜シネマリンでは、12月5日から、戦後70年特別企画の第3弾となる「戦後70年は終わっていない」が開催されることも決定し、現代の映像作家が捉えた戦争を描く作品や『東京裁判』(1983年)が上映されます。
皆さま、どうぞ劇場まで足をお運びください。



横浜シネマリン公式ホームページはこちら。

P1012234

P1012250

P1012259 - コピー