トップarrowニュース一覧arrowソト・クォーリーカー監督による特別講演会が開催されました

2016.5.14

ソト・クォーリーカー監督による特別講演会が開催されました

5/14(土)、日本映画大学白山校舎においてソト・クォーリーカー監督による特別講演会(主催:日本映画大学国際交流センター 協力:国際交流基金アジアセンター、パンドラ、東京国際映画祭)が開催され、多くの学生及び教職員が参加しました。

ソト・クォーリーカー監督は、カンボジア映画界初の女性監督でアンジェリーナ・ジョリー主演『トゥームレイダー』(01)のラインプロデューサーを務めるなど、ハリウッドで活躍。アジア期待の新生として注目を集めています。

講演会は熊岡路矢教授の司会で進行し、監督初の長編作品で第27回東京国際映画祭 国際交流基金アジアセンター特別賞受賞の『シアター・プノンペン』を中心に、数々のエピソードとともに熱く語っていただき、学生たちは真剣な表情で聞き入っていました。

(参考:『シアター・プノンペン』公式ホームページ)
http://www.t-phnompenh.com/

ソト・クォーリーカー監督1

ソト・クォーリーカー監督2

ソト・クォーリーカー監督3