トップarrowニュース一覧arrow「身体表現ワークショップ」を開催しました。

2016.7.22

「身体表現ワークショップ」を開催しました。

7月17日(日)に日本映画大学白山キャンパスにて、映画監督で本学教授の緒方明先生による身体表現ワークショップを開催しました。
このワークショップは高校生を対象に、演技における身体の動かし方などを体験してもらうもので、当日は多くの方に参加していただきました。
 
最初は身体をほぐすために簡単なストレッチ。
ストレッチ中も緒方先生から、身体の中心“丹田”を意識したきれいに見える立ち方などの指導が入りました。その後、2人組になりペアで行うストレッチや発声練習が行われました。

身体表現WS2

身体表現WS1

そしていよいよ演技へ。この日のお題は「演劇部」。
全国大会に出場が決まった演劇部の部員という設定の元、全国大会での上演作品は何にするか、主役は誰がやるのか…などの話し合いを演技で表現していきます。
参加者は6~7名のグループに分かれ、グループごとにそれぞれの設定や配役を考えるところからスタート。緊張していた参加者も話し合いが進むにつれ次第に打ち解け、積極的に意見を発するようになりました。

身体表現WS3

IMG_7296

セリフだけでなく、動きもつけていかなければならないのが演技の難しいところ。
練習中も、それぞれの配役に合わせて緒方先生から身体の動かし方やセリフの緩急のつけ方などの指導が入りました。
 
いよいよ発表の時間。
各グループ、自分たちが考えた配役や設定のもと、演技を行いました。
途中、本学園OBで現在俳優として活躍している矢崎初音さん扮する人物が物語に乱入し、場面が切り替わる部分もありましたが、参加者はそれぞれの配役を守りながら柔軟に対応しました。
最後は緒方先生から全体の講評を受け、今回のワークショップは終了。

身体表現WS5

身体表現WS6

長丁場でしたが、大学や演技の魅力を感じていただけたのではないでしょうか。
皆さん、参加していただき、ありがとうございました。

7月は28日に「映像制作ワークショップ」29日に「物語ワークショップ」が開催されます。
ぜひ、ご参加ください!