トップarrowニュース一覧arrow若林大介専任講師が「ボーンデジタル映画の保存にむけて」に登壇します【主催:国立映画アーカイブ】

2018.9.19

若林大介専任講師が「ボーンデジタル映画の保存にむけて」に登壇します【主催:国立映画アーカイブ】

NFAJ(National Film Archive of Japan)アーカイブセミナー
ボーンデジタル映画の保存にむけて:学生映画・大学篇


ボーンデジタル映画とは、デジタルデータの形式で鑑賞することを前提に、
最初からデジタルデータの形式で撮影、録音、生成された映画のこと。
本セミナーは、芸術系大学実習担当教員が各大学で行われている映画保存の対応策の紹介と課題について、
意見交換やディスカッションを行います。
本学からは若林大介専任講師が登壇し、本学園が所有する膨大な過去の作品の保存について語ります。
主催 国立映画アーカイブ
協力 一般社団法人PFF
開催日時 2018年9月22日(土)15:00~16:45(開場:14:45)
開催場所 国立映画アーカイブ 小ホール(定員151名)
参加費 無料      事前申込不要・当日先着順

司会 元村直樹(国立映画アーカイブ 教育・事業展開室 客員研究員)
登壇 若林大介(日本映画大学専任講師)     
   齊藤裕人(日本大学芸術学部映画学科教授)     
   横山昌吾(東京藝術大学大学院映像研究科 助教)     
   平田竜馬(東京藝術大学大学院映像研究科 非常勤講師)     
   三浦和己(国立映画アーカイブ 映画室 研究員)

NFAJアーカイブセミナーホームページ http://www.nfaj.go.jp/exhibition/seminar_2018_09/
※ 文化庁 平成30年度 美術館・歴史博物館重点分野推進支援事業