トップarrowニュース一覧arrow天願大介学長が台湾にて「国際芸術教育フォーラム」と「入試相談会」に登壇しました。

2018.10.10

天願大介学長が台湾にて「国際芸術教育フォーラム」と「入試相談会」に登壇しました。

日本映画大学と台北メディアスクール(TMS*)は協力協定を締結しています。
https://www.eiga.ac.jp/news/20171107-01.html

2018年10月5日、台北市内のアートイベント空間「華山1914文創園区」におきまして、TMSが各国の映画教育機関を集めて主催する「国際芸術教育フォーラム」が開催されました。
*台北メディアスクール…台北市文化局と台北市文化基金会によって2016年に創設された、高等学校相当の教育機構。高等学校の段階で本格的な映画制作をカリキュラムの中核に据えた斬新な教育機関として注目されている。

テーマ 世界の中等教育機関および高等教育機関における芸術教育の現状と未来

登壇者

 天願大介(日本映画大学 学長/日本)

 Yoon Chul Kim(dima准教授/大学/韓国) http://eng.dima.ac.kr/main.html

 Geet van den Berg(IVKO 教員/中学~高校/オランダ) http://www.ivko.nl/

 joao Li(HKICC 教頭/高校/香港)香港兆基創意書院  http://www.creativehk.edu.hk/

 Tim Chen(TMS 主任/高校相当/台湾)台北市影視音實驗教育機構 https://mediaschool.taipei/

会場は「雜學展2018」というアートイベントにあわせて訪れた学生や保護者、250人の聴衆で大盛況。

各校の紹介からはじまり、テクノロジーの進化とカリキュラムの関係、映画教育機関と行政および産学連携のあり方、そして就業支援など、議題は多岐にわたりました。

IMG_3547

会場の「華山1914文創園区」

IMG_5358

天願大介学長が大学紹介をします。

IMG_5379

各校でさまざまな課題を語りあいました。

IMG_3515

フォトセッション
左から:香港、オランダ(2名)、台湾、日本、韓国、司会

入試・進学相談会

翌10月6日は、台北市内で進学相談会が開催され(主催:台北メディアスクール)、天願大介学長が映画を志す生徒とその保護者に対し大学案内をおこないました。

本学で映画を学ぶことの意義と実際を説明したほか、具体的な入試説明や進学希望者との個別相談を実施。

日本留学への指針を示し、TMSとの協力協定をより確かなものとしました。

IMG_5503

スライドも使用し、本学で映画を学ぶ意義を説明。

IMG_5511

保護者からも質問が寄せられました。

台北メディアスクール(TMS)の視察

シンポジウムと進学相談会とあわせて、TMSのキャンパスを見学しました。

【所在地】 No. 18 弄7-1 號, Lane 230, Section 3, Tingzhou Road, Zhongzheng District, Taipei City, 台湾 100
【WEB】
https://mediaschool.taipei/

IMG_3543

山間の街全体がキャンパスです。

IMG_3544

画になる古い建築が立ち並びます。

IMG_3529

建造物を利用し生徒が撮影をしています。

IMG_3523

路地に各教室が割り当てられています。

IMG_5419

運動場もあります。

IMG_5408

家の壁をスクリーンにした“ホームシアター”
TMSのみならず、台北市が積極的に芸術教育を支援している様子がうかがえました。

なお、シンポジウムと進学相談会を撮影し編集したのも、TMSの生徒のみなさんです。

日本映画大学は、映画を志す各国の生徒をこれからも応援してまいります。

外国人留学生入試について

本学への進学を希望される留学生の方は、「外国人留学生ページ2018」をご確認ください。