トップarrowニュース一覧arrow【授業紹介⑨】身体表現・俳優コースによる舞台上演会がおこなわれました

2018.11.12

【授業紹介⑨】身体表現・俳優コースによる舞台上演会がおこなわれました

2018年11月10日、身体表現・俳優コース3年生による「舞台上演会」が新百合ヶ丘校舎で催されました。同コースが立ち上がって初めての公演です。

DSCF0166

日本映画大学の新百合ヶ丘校舎にて上演。
【身体表現・俳優コース 3年後期|身体表現専門演習 舞台上演会】

出演:加藤有里/根本来乃実/遠藤雅士/杉本阿蘭(日本映画大学6期生)

構成・演出:天願大介(日本映画大学 学長)

照明:阿部康子 舞台監督:井村昂 舞台監督助手:影山翔一(日本映画学校22期 俳優科卒)

音楽:遠藤雅士 音響助手:前澤里紅(日本映画大学6期生)


舞台上演会2

客席を設営。満員の観客で埋まりました。

舞台上演会3

舞台はこのように設営しました。

舞台上演会4

左:根本来乃実 右:加藤有里

舞台上演会5

右:遠藤雅士

舞台上演会6

左:杉本阿蘭

舞台上演会7

この演習ではアクションも学びました。

舞台上演会8

数週間にわたり天願学長が指導。

舞台上演会9

大勢の学生・教職員がその成果を見届けます。

舞台上演会10

約1時間の公演を終え、大きな拍手が送られました。
この後、身体表現・俳優コースの学生たちは、講談や人形劇、伝統芸能もふくめた幅広い学びを経て、4年次には「卒業公演」を制作します。

本コースの特徴を知りたい方は、下記の対談もご覧ください。
身体表現・演出コースの詳細はこちらから。
多彩な授業紹介一覧はこちら