トップarrowニュース一覧arrow【授業紹介⑯】身体表現・俳優コースの学生が能楽を学びました

2018.11.20

【授業紹介⑯】身体表現・俳優コースの学生が能楽を学びました

身体表現・俳優コースの3年生が能楽に取りくみました。

これは「身体表現専門演習」の中でおこなわれる授業で、学生たちは伝統演劇や人形劇、講談などを学びます。

能楽の講師を務めるのは、観世流シテ方の能楽師である中所宜夫さん。

その様子の一部を、写真を中心にご紹介いたします。

伝統芸能1

中所宜夫講師。本学では「日本文化論Ⅱ〈身体と思想〉」も担当されています。

伝統芸能2

最初に舞を披露します。

伝統芸能3

扇の持ち方を説明。

伝統芸能4

持ち方から大事なポイントが。

伝統芸能5

つづいてスリ足の練習です。

伝統芸能6

白足袋を履いておこないます。

伝統芸能7

何度も往復しながら基本を体得。

伝統芸能8

独特の運歩法に確認を重ねます。

伝統芸能9

舞の練習に移ります。

伝統芸能10

型の修得に励む学生たち。

伝統芸能11

扇の形も要チェック。

伝統芸能12

この先、謡も学んでゆきます。
身体表現・俳優コースの紹介はこちら
舞台上演会の様子はこちら
多彩な授業紹介一覧はこちら