トップarrowニュース一覧arrow【留学生サポート①】BJTビジネス日本語能力テストの模擬試験&対策講座をおこないました

2018.11.30

【留学生サポート①】BJTビジネス日本語能力テストの模擬試験&対策講座をおこないました

本学では2017年度に「留学生支援部門」を創設し、外国人留学生一人ひとりの生活環境に関心を持ち、学習を応援する体制を整えています。

 ⇒ 留学生サポートについてはこちら

その一環として、2018年11月には在学する全留学生を対象として「BJTビジネス日本語能力テスト」の対策講座を実施しました。

BJTビジネス日本語能力テスト……ビジネス場面で必要とされる日本語コミュニケーション能力を測定するテスト。公益財団法人 日本漢字能力検定協会が主催している。聴解、聴読解、読解の3部構成でおこなわれる。

BJT対策講座レポート

ビジネス場面での日本語は、日常会話や通常の日本語能力試験(JLPT)で求められる語学力とはまた異なります。

仕事には実にさまざまなコミュニケーションがあるからです。

たとえば、何かを指示されてそれを実行したり、ある説明を聞いて何かを判断したり、相手の出方を見ながら交渉したりなど、状況に応じた「言葉」が必要になります。

ビジネス・コミュニケーションにおいては、この情報処理が複雑になるほど高い日本語能力が求められ、本学では留学生支援部門とキャリアサポートセンターが連携して、早期の就活講座ならびに語学プログラムを提供。

BJT講座はそのひとつとして、学年にかかわらず全留学生が受講できる機会となっています。

BJT講座1

日本語教師の守内映子講師。本学の日本語サポートデスクも担当しています。

BJT講座2

BJTのテスト。事前に問題に挑戦してから講座に参加します。

BJT講座3

会社における「電話の取次ぎ」「伝言メモ」についての日本語を説明。

BJT講座4

挨拶や握手の仕方など、ビジネス現場を再現しての日本語指導も。

BJT講座5

ビジネスにおける日本語の言い回しは、「日本語能力試験(JLPT)」での学習とはまた違います。

留学生支援部門によるサポート

教育支援

 1. 日本語サポートデスクでは、予約制で日本語の個別指導を行います。レポートの書き方、発音矯正、その他、自分に必要なスキルアップの指導を、4年間を通して受けることができます。

 2. 1年必修科目担当教員と連携し、教員へのサポートも提供します。

 3. 個別の出席率をモニターし、必要に応じて面談を行い、問題点を解決します。

 4. 「話し言葉ワークショップ」を開催して、脚本制作の手助けをします。

生活支援

 1. ビザ更新の時期と手続きを個別管理し、申請書の記入なども指導します。

 2. 留学生登校日(月1回)を設け、連絡事項の徹底と個別の状況把握をします。

 3. 「国際交流カフェ」は全学生教職員が参加できる懇親会で、年に2回開催します。

 4. 本学キャリアサポートセンターと連携して進路指導を行います。留学生向け就職ガイダンスの開催や、個々の希望に合わせて必要な情報を提供します。エントリーシートや面接に関する個別指導も受けることができます。
外国人留学生ページ2018はこちら
キャリアサポートセンターの詳細はこちら