トップarrowニュース一覧arrowOG野木亜紀子さんが第37回「向田邦子賞」を受賞。本学園の卒業生の受賞は2年連続

2019.4.4

OG野木亜紀子さんが第37回「向田邦子賞」を受賞。本学園の卒業生の受賞は2年連続

優れた脚本作家を顕彰する「向田邦子賞」(主催:向田邦子賞委員会、東京ニュース通信社)の第37回選考会が4/2に行われ、本学園OGの野木亜紀子(日本映画学校8期1996年卒)さんの受賞が決定しました。

受賞作は『獣になれない私たち』(日本テレビ/2018年10月10日~12月12日放送)です。


昨年の同賞はOBのバカリズム(日本映画学校9期 1997卒)に贈られており、本学園の卒業生が2年連続で受賞となりました。

*向田邦子賞…故・向田邦子がテレビドラマの脚本家として、数々の作品を世に送り出し活躍してきた功績を讃え、現在のテレビ界を支える優秀な脚本作家に贈られる賞として、1982 年に制定。
■ 授賞理由

授賞理由
「人間は進化の過程で色々なものを失った……」という劇中のセリフに象徴されるように、笑顔の裏で心をすり減らして生きる主人公と、誰も信用していない公認会計士の男の、恋かもしれないラブストーリー。タイトルが意味する「獣になれない……」というメッセージでもある。現代人が抱えるこの思いを、大人テイストで面白く生き生きと描いている。作者のこれまでの作品に観られた筆力が一味違うジャンルで発揮された。

■ 受賞者詳細(公式サイト)

https://tokyonews.co.jp/mukouda/prize37/
詳しくは「向田邦子賞 | 東京ニュース通信社」の公式サイトをご覧ください。