トップarrowニュース一覧arrow日本映画大学卒業製作映画「乙女よ、走れ」が「シズオカ×カンヌウィーク2019」で招待上映 -- 上映前には卒業生による舞台挨拶も

2019.5.22

日本映画大学卒業製作映画「乙女よ、走れ」が「シズオカ×カンヌウィーク2019」で招待上映 -- 上映前には卒業生による舞台挨拶も

日本映画大学(川崎市麻生区)の2016年度卒業製作映画「乙女よ、走れ」が、静岡市で開催されている「シズオカ×カンヌウィーク2019」(主催:静岡×カンヌ×映画プロジェクト実行委員会、共催:静岡市)で招待上映された。同作は、5月18・19日に「特別上映 日本映画大学presents」として上映され、上映前にはスタッフを務めた卒業生が舞台挨拶を行った。


「シズオカ×カンヌウィーク」は、カンヌ市と姉妹都市提携を結ぶ静岡市を舞台に「カンヌ国際映画祭」と同時期に開催される映画とマルシェのフェスティバル。今年で10回目を迎え、食、音楽、アートなど、幅広いジャンルの文化を融合したイベントが市内各地で繰り広げられている。  
日本映画大学の創始者である今村昌平監督はカンヌ国際映画祭パルムドール(最高賞)を2回受賞しており、それが縁で今回、日本映画大学の卒業製作作品が招待されることとなった。  
5月18・19日に、2016年度卒業製作映画「乙女よ、走れ」が特別上映され、上映前に撮影の八木健太さん、照明助手の茅嶋直大さんが登壇して舞台挨拶が行われた。  
同作は2016年度の卒業製作として作られた作品のうちの一つで、「JPPA AWARDS 2017 学生の部」のドラマ部門撮影技術カテゴリーでゴールド賞を受賞している。
◆シズオカ×カンヌウィーク2019
【日 程】 4月27日(土)~5月26日(日)
【場 所】  用宗海岸・緑地公園(4月27日)  国指定特別史跡 登呂遺跡(5月11日)  七間町名店街(5月18日・19日)  清水マリンパーク(5月25日・26日)  ほか市内各所
【公式サイト】 http://www.cannes-shizuoka.jp/guide_book.html
【主 催】 静岡×カンヌ×映画プロジェクト実行委員会
【共 催】 静岡市
【後 援】  カンヌ市  在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本  日本映画大学  静岡日仏協会  商店街振興組合七間町名店街


■「乙女よ、走れ」  2017年/30分/ドラマ <ストーリー>  
とにかく明るくて奔放な高校一年生の久美は、クラスメイトでガリ勉強くんの俊也から告白される。けれど初デートの日、相手のことなどお構いなしの彼女は、あっさりフラれてしまった。親友の本子から別れた理由を聞かれた久美は、本子が俊也のことを好きなのだろうと勘違い。今度は本子を怒らせてしまう。本気の好きって何? 本気の気持ちって何? いつまでも変わらないと思っていた毎日が、関係が、うごきはじめる季節。乙女よ、走れ!
<スタッフ>  
監督:原口大輝  
脚本:武田恒  
プロデューサー:木村創  
助監督:大川奏耶、加門貫太、吉田雄大  
スクリプター:飯塚楓  
撮影:八木健太  
撮影助手:丹野美穂、松崎湖太朗、中村晋  
照明:佐藤楽  
照明助手:茅嶋直大  
録音:五月女真侑  
録音助手:加藤麻倭、斎藤亮太、野澤玄、干場翔太  
音響効果:金沢翔太、栁岡亜紀  
編集:関口流輝  
編集助手:飯塚楓、菅原宏展、田中奈津恵、中島玲香  
音楽:田實竜一  
車両:山中同
(参考) ・日本映画大学第3回卒業制作上映会ホームページ  https://www.eiga.ac.jp/sotsusei/jimi03/

シズオカカンヌ

(左より)本学地域連携担当:芦澤浩明、撮影:八木健太、フランス大使館:オリヴィエ・デルプさん、照明:茅嶋直大、さのてつろう教授