トップarrowニュース一覧arrow本学教員がシンポジウム「映画分野における日本と東南アジアの国際展開を考える」に登壇

2019.7.4

本学教員がシンポジウム「映画分野における日本と東南アジアの国際展開を考える」に登壇

響きあうアジア2019『東南アジア映画の巨匠たち』」の関連シンポジウム「映画分野における日本と東南アジアの国際展開を考える」(主催:国際交流基金アジアセンター、共催:公益財団法人ユニジャパン、東京芸術劇場<公益財団法人東京都歴史文化財団>)に、本学の安岡卓治教授と石坂健治教授が登壇しました。

東南アジア映画の巨匠たち1

第1部 映画分野における次世代グローバル人材育成について

第1部「映画分野における次世代グローバル人材育成について」に登壇した安岡教授は、日本映画大学の学生も参加実績のある「アジア・ドキュメンタリー国際共同制作ネットワークフォーラム」についてプレゼンテーションをしました。

東アジア諸国の共生と相互理解を目的とした「アジア・ドキュメンタリー国際共同制作ネットワークフォーラム」は若い映画作家に向けたプロジェクトで、韓国のDMZドキュメンタリー映画祭が主催となり日本、韓国、中国、台湾の映画教育機関が参加しています。

安岡教授からは2015年に始まったこのプロジェクトの成果や課題報告のほか、本学の留学生と日本人学生の交流・実習での取り組みの様子から見られる学びの場としての可能性が話されました。

東南アジア映画の巨匠たち2

安岡卓治教授によるプレゼンテーション

東南アジア映画の巨匠たち3

安岡卓治教授、藤岡朝子さん(山形ドキュメタリー国際映画祭理事)、市山尚三さん(映画プロデューサー、東京フィルメックス・ディレクター)によるディスカッション

第2部 映画制作におけるコラボレーションの未来図

続いて第2部「映画制作におけるコラボレーションの未来図」には、司会として石坂教授が東南アジアから来日された3名の監督とともに登壇しました。

日本映画大学にゲスト講師として登壇して頂いたこともあるフィリピンのブリランテ・メンドーサ監督をはじめ3名の監督全員が日本との共同制作経験があり、それらの経験を踏まえ、共同制作をする上での利点や課題等が話されました。

1部、2部を通して日本とアジア諸国とのコラボレーションが今後ますます増えてくることを予感させるシンポジウムでした。

日本映画大学ではこれからも国際的な学術交流を諮っていきます。

東南アジア映画の巨匠たち4

第2部の司会を担当した石坂健治教授(学部長)

東南アジア映画の巨匠たち5

石坂健治教授、エリック・クー監督(シンガポール)、ブリランテ・メンドーサ監督(フィリピン)、ガリン・ヌグロホ監督(インドネシア)

東南アジア映画の巨匠たち6

中原俊教授も駆けつけ、久々の再会を果たしました(中原俊教授、ブリランテ・メンドーサ監督、石坂健治教授)

お知らせ

① 「東南アジア映画の魅力を語る!」四方田犬彦 × 石坂健治 × 夏目深雪 トークイベント

石坂健治映画学部長が編著者をつとめる『躍動する東南アジア映画~多文化・越境・連帯~』が、2019年7月6日に論創社より刊行されます。

刊行を記念して、7/13(土)18時より、青山ブックセンターにてトークイベントが開催されます。

⇒ 詳細は青山ブックセンター公式サイトにて!

躍動するアジア

石坂健治・夏目深雪 著/国際交流基金アジアセンター 編集協力

② 東南アジア映画の巨匠たち/響きあうアジア2019

東南アジア映画の巨匠たち

同書は7/3~10に開催の特集上映「東南アジア映画の巨匠たち/響きあうアジア2019」の公式ガイドブックも兼ねています。

⇒ 詳細は国際交流基金アジアセンター公式サイトにて!
7月5日『見えるもの、見えざるもの』上映後

東南アジア映画の巨匠たち_記念写真

写真中央:カミラ・アンディニ監督。本学の学生たちとの記念写真に応じて下さいました。

③ 石坂学部長へのインタビュー記事

前述の特集上映「東南アジア映画の巨匠たち/響きあうアジア2019」のプログラミングを担当した石坂学部長へのインタビュー記事2本も、鑑賞のご参考にぜひご一読ください!
映画.com
 石坂健治氏が語る、特集上映「東南アジア映画の巨匠たち」見どころと開催意義 https://eiga.com/l/7A5mr
FILMAGA
 世界でも注目される東南アジア映画の今。特集上映「東南アジア映画の巨匠たち」の魅力に迫る https://filmaga.filmarks.com/articles/2875