トップarrowニュース一覧arrow本学園OB監督作が第32回東京国際映画祭に出品

2019.9.27

本学園OB監督作が第32回東京国際映画祭に出品

第32回(2019)東京国際映画祭のラインナップが発表され、OB足立紳監督の『喜劇 愛妻物語』がコンペティション部門に、OB渡辺紘文監督の『叫び声』と山嵜晋平監督の『テイクオーバーゾーン』が日本映画スプラッシュ部門にそれぞれ出品されました。

足立紳監督は映画『百円の恋』で第39回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞。『喜劇 愛妻物語』は『14の夜』につづく監督第2作目です。

渡辺紘文監督は映画『プールサイドマン』で第29回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ作品賞を受賞をしており、『叫び声』は同部門5回目の監督出品作となります。
コンペティション部門出品『喜劇 愛妻物語』
 原作・脚本・監督/足立紳(日本映画学校7期 1995年卒)
 作品詳細 https://2019.tiff-jp.net/ja/lineup/film/32CMP03

日本映画スプラッシュ部門出品『叫び声』
 脚本・監督/渡辺紘文(日本映画学校20期 2008年卒)
 作品詳細 https://2019.tiff-jp.net/ja/lineup/film/32JPS02

日本映画スプラッシュ部門出品『テイクオーバーゾーン』
 監督/山嵜晋平(日本映画学校21期 2009年卒)
 作品詳細 https://2019.tiff-jp.net/ja/lineup/film/32JPS05

その他の部門でも卒業生の携わった作品が上映されます。

提携企画SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019国内コンペティション優秀作品賞(長編部門)受賞作上映
 
『サクリファイス』監督/壷井濯(日本映画学校22期 2010年卒業)

特別招待作品
 オムニバス映画『その瞬間、僕は泣きたくなった-CINEMA FIGHTERS project-』
 「Beautiful」監督/三池崇史(横浜放送映画専門学院5期1981年卒業)

Japan Now部門
 『宮本くんから君へ』脚本/港岳彦(日本映画学校7期 1995年卒業)

第32回東京国際映画祭は、2019年10月28日(月)~11月5日(火) に開催されます。

『叫び声』予告編

日本映画スプラッシュ部門での上映の様子

渡辺紘文監督1

左から撮影のバン・ウヒョンさん(日本映画学校20期 2008年卒)、渡辺紘文監督(同期)、弟の雄司さん

渡部紘文監督2

同部門5回目の出品作となります

渡辺紘文監督3

聞き手を務めるプログラミング・ディレクターの矢田部吉彦さん

渡辺紘文監督4

作風の変化や作品に込めた思いを語りました