2009.11.10

Category:教員

「今村監督とマザー・テレサ」千葉茂樹(映画監督)

 

新しい2010年は、マザー・テレサ生誕100年を記念する映画祭が東京で1か月ロードショウをかわきりにスタートする。

 

海外のドキュメンタリー作品7本を集めて開催される世界で初めてのユニークなイベントだ。

その中に私が製作した3本の映画が入っている。
現役時代の彼女を日本人が初めて取材した本格的な映画「マザー・テレサとその世界」(1978)と最近作「マザー・テレサと生きる」(2009)が含まれる。

 

特に「マザー・テレサとその世界」は、1979年の日本映画祭には、劇映画部門ベストワンに今村昌平監督の「復習するは我れにあり」文化映画部門では私の作品が選ばれた。

 

此のときの出会いが映画学校と私を結び付けたのである。

ぜひ、世界で取材されたマザー・テレサの姿と併せて30年に及ぶ現代史を見て欲しい。
(=姿を通して深い精神世界を見て欲しい)

 

>>生誕100年記念 マザーテレサ映画祭

ページトップへ