2009.06.16

Category:学生

「“いつか”のために」小林恵実(映像科3年)

 

スタッフ・出演者が重い機材を担いで登り、約2年間の時を掛けて撮影した映画「劔岳 点の記」。

 

特殊効果を多用せず、実際に苦労して撮った映像はとにかく美しい。

しかしその美しい映像の裏にある撮影時の苦労は、学生の私には計り知れないものがあります。

 

この映画には、沢山の先輩方が参加していると伺いました。

その時フとよぎったのは
「私も先輩方のように活躍できるのだろうか」という事。

 

道端で撮影するのだってこんなに大変なのに、高く険しい山に登ってなんて・・・。

この映画のように山に登るとは限らないけれど、まるで山を登るような高みを目指す現場に参加したい。
今すぐは無理でも、いつか。
その”いつか”のために私は努力を重ねていくしかありません。

 

もうすぐ、卒業制作も始まります。

憧れるべき先輩がいる現場へ前進するため、自らの血と肉になるような学生生活を歩みたいです。

 

(日本映画学校 映像科23期生)

 

>> 『劔岳 点の記』オフィシャルサイト

ページトップへ