トップarrowニュース一覧arrowヴェネチア銀獅子賞(黒沢清監督)映画『スパイの妻』にOBら参加

2020.9.15

ヴェネチア銀獅子賞(黒沢清監督)映画『スパイの妻』にOBら参加

スパイの妻 メイン

©2020 NHK, NEP, Incline, C&I
イタリアで開催された第77回ヴェネチア国際映画祭で映画『スパイの妻』が銀獅子賞(監督賞/黒沢清監督)を受賞しましたが、 この作品のスタッフに日本映画大学の前身日本映画学校卒業生が多く参加しています。

『スパイの妻』
プロデューサー/山本晃久(日本映画学校15期2003年卒業)
編集/李 英美(日本映画学校15期2003年卒業)
リレコーディングミキサー/竹島直登(日本映画学校6期2000年卒業)
ラインプロデューサー/山本礼二(日本映画学校12期2000年卒業)
制作担当/道上巧矢(日本映画学校12期2000年卒業)
制作部/多賀典彬(日本映画学校21期2009年卒業)



出演 高橋一生、蒼井優、ほか
制作著作 NHK、NHKエンタープライズ、Incline、C&Iエンタテインメント
10月16日(金)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー!
日本映画の銀獅子賞受賞作品
『雨月物語』溝口健二監督(1953年)
『山椒大夫』溝口健二監督(1954年)
『七人の侍』黒澤明監督(1954年)
『千利休 本覺坊遺文』熊井啓監督(1989年)
『座頭市』北野武監督(2003年)
『スパイの妻』黒沢清監督(2020年)