• TOP
  • キャンパス案内

キャンパス案内

充実した施設とロケーション
最高の映画ライフを送れます。

※日本映画大学施設の耐震化率は100%です。[令和3(2021)年4月1日現在]

白山キャンパス
Hakusan Campus

白山キャンパス

新百合ヶ丘駅からのアクセスに恵まれた、緑が豊かなキャンパス。
座学の授業や映画の撮影はこのキャンパスで行われます。
撮影スタジオ(今村昌平記念スタジオ)のほか、ロケセット、グラウンドや体育館、図書館が併設されています。
4年間を通して学ぶ教養科目や、ドキュメンタリー、脚本、文芸コースの拠点にもなっています。
(各学年とも白山キャンパス、新百合ヶ丘キャンパスの両方で授業があります)

​〒215-0014 神奈川県川崎市麻生区白山2-1-1
TEL:044-328-9123

施設紹介

今村昌平記念スタジオ

今村昌平記念スタジオ

東宝のスタジオで永年培われてきたスタジオ建設のノウハウが活かされ、プロの使用にも対応できる撮影スタジオとなっています。スタジオ内の設備も、安全のために電動昇降式の照明バトンを設置。スタジオ内に毎時50ミリの雨降らしにも対応できる排水溝を設け、グリーンバックや暗幕などを吊っての撮影も可能で、プロユースの設備がなされています。

図書館
図書館

映画関係の専門書をはじめ、大学での勉強に必要な幅広い分野の図書を備え、視聴覚資料のコレクションも収蔵しています。また、映画・映像分野に関わる和洋の学術誌や一般雑誌を用意。図書館内のパソコンでは所蔵資料の検索だけでなく、Web上でデータベース検索や電子書籍などの閲覧が可能です。図書館内の閲覧席に加え、グループ学習が可能な自習室も設置され、学習スタイルに合わせた利用が可能です。

附属図書館サイトへ

講義室
講義室

大人数の講義からゼミなど少人数の授業まで対応できるよう、映像設備つきの大小の講義室が数多く用意されています。

ラウンジ
ラウンジ

授業の合間の待ち合わせや教員との会話にも利用できるラウンジコーナーを2F、3Fに設けています。

自習室
自習室

自主研究やグループ研究の場所としての活用されています。創作活動の発想を広げる明るい空間です。

学生ホール
学生ホール

1Fの学生ホールは明るく広々とした空間で、学生たちの懇談の場です。自由に利用できるPCも設置しています。

新百合ヶ丘キャンパス
Shinyurigaoka Campus

新百合ヶ丘キャンパス

新百合ヶ丘駅前の校舎です。
映画館やアートセンターといった芸術関係の施設が集まるアートゾーンの中心地にあります。
この校舎から多くの著名な卒業生を送り出してきました。
実習の授業や上映会はこのキャンパスで行われます。
ダビングやレコーディング、映像編集の設備が整っており、演出、身体表現・俳優、撮影照明、録音、編集コースが拠点として利用しています。
(各学年とも白山キャンパス、新百合ヶ丘キャンパスの両方で授業があります)

​〒215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-16-30
TEL:044-951-2511

施設紹介

大教室

大教室

35mm・フィルム映写機、16mm・フィルム映写機に加え、2K・DLPプロジェクターによるDCP(デジタル・シネマ・パッケージ)の映写が可能な教室。音声に関しても、ドルビーデジタル・5.1Chでの再生が可能で、映画館並みの機能を待った教室です。

ダビングルーム
ダビングルーム

大きなスクリーンを見ながら、映画の音づくりと録音を行うダビングスタジオ。実際に観客に届く音のイメージを再現しながら作業ができるよう、劇場さながらの設計になっています。プロの世界と同じように、サラウンドでの制作が可能です。

アフレコ・フォーリースタジオ
アフレコ・フォーリースタジオ

撮影後の映像に後から声を入れていく作業を行うレコーディングスタジオ。ナレーションやアフレコ、効果音など、様々な録音の用途に対応します。

ワークルーム
ワークルーム

主に音の編集に使用する部屋。録音ソフトのプロツールス、ロジックプロ等を使い音の仕込みをします。その他、様々な編集作業に適した多目的室です。

ノンリニア編集室
ノンリニア編集室

フィルムで撮影した映像をデータ化し、いったんハードディスクなどの記憶装置に取り込んでからPCで編集作業を行う部屋。フィルム撮影素材、ビデオ撮影素材のいずれにも対応できる編集設備が用意されています。アビットメディアコンポーザー、ファイナルカット、アフターエフェクツ、フォトショップなど、様々なソフトを使用します。

グレーディングルーム
グレーディングルーム

デジタルでの映像作品の色、明るさ等の最終調整を行う部屋。大型のリファレンスモニターを使い、ダビンチリゾルブというソフトで行います。現像所での機能を学内で行うために用意された部屋です。DCP(デジタル・シネマ・パッケージ)の作成も、この部屋で行います。