トップarrow 映画大についてarrow日本映画大学のあゆみ

日本映画大学のあゆみ

映画教育を続けて40年。
日本で唯一の映画の単科大学です。

沿革

日本映画大学の源流は1975年。横浜。
映画教育40年で、6,500人以上の卒業生を映画業界に送りだしてきました。
1975年
4月横浜駅前に2年制の各種学校 横浜放送映画専門学院を創始者 今村昌平が開校。
1984年
4月留学生募集開始。アジアを始め、諸外国から映画を学ぶ学生を受け入れる。
1985年
11月学校法人神奈川映像学園が設立され、3年制の専門学校とし、名称を「日本映画学校」に改める。神奈川県知事より設置認可。
1986年
4月川崎市、小田急電鉄、映画会社等の協力により、川崎市の新百合ヶ丘駅前に新校舎が完成。今村昌平が理事長、学校長に就任して日本映画学校 映像科・俳優科を開校。
日本映画学校開校記念、日本映画学校・ATG共同作品「君は裸足の神を見たか」を劇場公開。
1988年
10月東京、新宿「テアトル新宿」にて、第1回新宿映画祭を主催。以後、第8回まで開催。
1989年
4月日本映画学校・日本ヘラルド映画共同作品「バナナシュート裁判」を劇場公開。
1992年
4月石堂淑朗 学校長に就任。
8月日本映画学校・日本ヘラルド映画共同作品「福本耕平かく走りき」を劇場公開。
1995年
10月第1回しんゆり映画祭開催。日本映画学校全面協力のもと小田急線新百合ヶ丘駅周辺地域で毎年秋に開催。
1996年
4月飯利忠男(佐藤忠男)学校長に就任。
1999年
1月映像機関誌「日本映画学校だ」創刊。
2004年
11月飯利忠男(佐藤忠男)学校長、理事長に就任。
2007年
10月佐々木正路(佐々木史朗)理事長に就任。
2010年
10月文部科学省より日本映画大学設置認可。
2011年
4月日本映画大学開学。
アルテリッカしんゆり芸術祭2011プレイベントとして、昭和音楽大学共催により日本映画大学開学記念イベント「小沢昭一と映画と音楽と」を主催。
8月麻生区こども支援室委託事業として、麻生区内の小学生を対象とした「日本映画大学わくわく体験ツアー」を実施。
ポーランド国立ウッチ大学講師による学生ワークショップ「ドキュメンタリー制作プロジェクト」を実施。
12月ポーランド国立ウッチ大学講師による学生ワークショップ作品「世界の夜明けから夕暮れまで」の日本プレミア特別上映会を日本映画大学新百合ヶ丘キャンパスで開催。
2012年
3月平成23年度麻生区地域課題対応事業・日本映画大学開学記念企画として「映画がつなぐ被災地とあさお」を主催。
日本映画学校 俳優科を廃止。
4月アルテリッカしんゆり芸術祭2012プレイベントとして「無声映画と音楽の夕べ」を昭和音楽大学と共催。
毎日新聞社、株式会社チネチッタ、日本映画大学との産学連携事業として「チネチッタ名画座」を実施、継続中。
10月韓国国立芸術綜合学校と教育、研究等2校間の協力、交流に関する協約を締結
麻生区内及び隣接する東京都町田市に立地する6つの大学(昭和音楽大学玉川大学田園調布学園大学日本映画大学明治大学和光大学)と川崎市麻生区との間で、「麻生区・6大学 公学協働ネットワーク」に関する協定を締結
2013年


 
3月


11月
国際交流基金の助成を受け、日本-タイ。『震災と記録・復興への道』を学ぶ学生/青年ワークショッププログラムを実施
日本映画学校閉校
台湾 国立台北芸術大学と学術交流協定を締結
 2014年 4月中国 北京電影学院と学術交流協定を締結
2015年


 
2月
3月

4月
イオンシネマ新百合ヶ丘で第1回卒業制作上映会を開催
国際交流基金アジアセンターと共催で「…and Action! Asia―映画・映像専攻学生交流プログラム―」を開始
インドネシア ジャカルタ芸術大学(IKJ)と学術交流協定を締結
2017年 3月


4月
 
昭和音楽大学および昭和音楽大学短期大学部と大学間の交流を推進する連携協定を締結
公益財団法人日本高等教育評価機構による大学機関別認証評価において、大学評価基準に「適合」と認定
今村大介(天願大介) 学長就任
飯利忠男(佐藤忠男) 名誉学長就任

シンボル

シンボル

1985(昭和60)年新百合ヶ丘に、本学の前身日本映画学校が開校した際に、舞台美術家の朝倉摂氏にデザインしていただいたものです。
四角枠の中に、円と学校名のイニシャルの「n」を配したレイアウトは、荒波の上に昇る太陽にも、また走る人の姿にも見えます。これは、豊かな人格の形成と専門的知識・技術の習得という建学の理念を図案化しているのです。